さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

10月1日より相模原市教育委員会教育長に就任した 野村 謙一さん 南区相南在住 60歳

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena

子どもの「故郷」つくるため

 ○…相模原の教育基盤となる理念『人が財産(たから)』。その実現に向けた市総合教育会議の設置により、市長に初めて任命された教育分野の新リーダーは、相模大野の都市開発や南区長など町づくりに力を注いできた人物。「子どもたちが大人になったときに『故郷』として語れるような相模原に。それが私の一つの使命です」。これまで培った経験を礎に学校や周辺組織と連携し、「オールさがみはら」で子どもたちが豊かに育つ環境づくりに臨む。

 〇…両親の仕事の都合で5歳のころ相模原に転入。サッカーに明け暮れた学生時代を過ごした後、1980年に相模原市役所に入庁した。30代には相模大野の周辺都市開発などを担当。企業誘致や市のPRのため、地権者や民間事業者など多方面に顔を出しては対話を重ねた。教育長に就いた今も「教育畑できた人間ではありません。まずは市内の109校の小中学校をできるだけ早い段階で直接回りたい」と、謙虚さを忘れず教育現場の課題解消に向け日々取り組む。

 〇…文化行事イベントへの出席やホームタウンチームの試合観戦などあらゆる予定で手帳は真っ黒。定年後も目まぐるしい日々が続く。そんな日々で一番の気晴らしは「愛犬との散歩」。携帯電話の中は相模原公園や麻溝公園、湘南の海など行く先々で共に収めた写真でいっぱいだ。「犬バカですよね」と頬が緩む。

 〇…物事を成功へ導くものは『熱意×知識×考え方(ビジョン)』。座右の銘にはJALを再生させた稲森和夫氏の「人生方程式」を挙げ、「特にビジョンは大切。今の私には子どもの貧困問題といじめ問題の解決」と真剣な眼差しを見せる。「(子どもたちの)SOSにどれだけ気づいてあげられるか。市全体で意識を高め向き合う覚悟です」。教育を通じて子どもたちが安心安全で周囲を愛し、『故郷』として誇りをもってもらえる豊かな相模原にするには。自分自身に問い続ける。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

中澤 吉裕さん

日本車いすテニスJAPANナショナルチーム監督として、(公財)日本障がい者スポーツ協会功労章を受賞した

中澤 吉裕さん

南区相南在住 50歳

5月7日号

小池 芳実さん

29日から行われる「和田自治会 鯉のぼり谷渡し」の実行委員会会長を務める

小池 芳実さん

佐野川在住 72歳

4月29日号

篠崎 修さん

「相模原の子どもと教育を考える会」の代表で、少人数制学級の早期実現を訴える

篠崎 修さん

橋本出身 72歳

4月22日号

田中 浩さん

4月に統合した「消費生活総合センター」の所長を務める

田中 浩さん

橋本在勤 59歳

4月15日号

石原 朗さん

4月1日付で緑区長に就任した

石原 朗さん

八王子市在住 57歳

4月8日号

樋口 一美さん

相模原市立公文書館の3代目の館長として活躍する

樋口 一美さん

原宿在住 61歳

4月1日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter