さがみはら緑区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

FMHOT839を運営する(株)エフエムさがみの新社長に就任した 平岩 夏木さん 中央区在住 56歳

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena

20年機に 頼れるラジオへ

 ○…11月1日付けで新社長に就任。パーソナリティーとして番組に出演する傍ら、社内の通常業務全般を受け持つ。1996年の開局時に本紙の告知を見てボランティアスタッフに応募したのが契機となり、局に携わるように。第一声は「ベテラン主婦になりたくてなれない、natsukiです」。ラジオデビュー当時は2歳の子どもを持つ、育児奮闘中の主婦。膝の上に息子を乗せてマイクに向かうこともしばしばだった。

 ○…試験勉強などをしながら夢中になって聴いた深夜放送で、ラジオファンになった中学時代。いつしかDJに憧れ、自身の声を吹き込んだテープをクラスメートに配ったことも。高校では放送部に所属。積極的に放送に関わるようになり、当時の人気番組「ぎんざNOW!」に出演し、突撃リポーターを務めた経験もある。「やれると思ったことは一歩、踏み出す」がモットー。その信念は、放送人生の根底に今も息づく。

 ○…京都府出身。小学5年生のときに相模原へ移り住んだ。現在、夫と愛猫・銀太との「3人」暮らし。帰宅時にやさしく出迎えてくれる銀太に癒される日々を送る。独立した息子は日大三高時代に2010年のセンバツに出場し準優勝に貢献。決勝では甲子園で声を枯らして応援する中、目の前で本塁打を放った自慢の孝行息子だ。得意料理は麻婆豆腐。たまに息子が帰ると、リクエストで食卓に並べる。「うちの母親の味は麻婆豆腐です」とにっこり。

 ○…開局して今年で20年。今後はこれまで以上に多くの市民に同局を知ってもらえるよう、外に飛び出し、ライブ感を大事に放送していく考えだ。ボランティアスタッフから始まった放送人生。「子育てしながら働く私を温かく後押ししてくれた原保美会長(前社長)への恩返しも込めて、頑張ります」。めでたく「成人」となった今、地域のラジオからさらに、頼れるラジオへ。エフエムさがみがまた一歩、踏み出した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月29日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月22日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月15日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

中央区淵野辺在住 70歳

10月8日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

10月1日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク