さがみはら緑区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

青山在住田中里穂さん ステラトップチーム昇格 市内出身者で初

スポーツ

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
田中里穂選手=11日、南区新戸のノジマフットボールパークで
田中里穂選手=11日、南区新戸のノジマフットボールパークで

 女子サッカー・ノジマステラ神奈川相模原(本拠地・南区)の下部組織「ドゥーエ」に所属する青山出身・在住の田中里穂選手(17)が来季、トップチームに昇格することが決まった。ノジマのトップチームにとって、下部組織からの昇格と市内出身選手の登録はともに初めてとなる。

 田中選手は青山で生まれ、7歳まで過ごしたタイのバンコクで、母の勧めからサッカーを始めた。帰国後、3歳上のいとこが所属していた地元の少年サッカーチーム・津久井FCに入団。中学2年だった2012年に、翌年から創設されるノジマの下部組織(15歳以下)のテストを受け、1期生として入団した。

 串川小学校、串川中学校を学び舎に育ち、現在は南区の麻溝台高校に在学。朝6時に起床し自宅からバス、電車、自転車を乗り継いで1時間半かけて通学し、学校が終わると南区新戸にあるノジマフットボールパークで練習に励む毎日だ。

 ドゥーエは18歳以下の選手で構成されるチーム。いわばトップチームの妹的存在で、現在25人が所属。田中選手は主将を務め、中盤下がり目の位置でプレーする。自らシュートするよりも、意識するのは「パスで周囲を生かすこと。スルーパスでチャンスを演出したい」。ドゥーエを率いる遠藤省太監督は、「攻守にわたりハードワーカーで、汗かき屋。普段からメンバーに対して気配りができ、チームにいなくてはならない精神的支柱」と教え子を評価。「下部組織から初で、しかも地元出身選手。今後のステラ、相模原市にとっても活力になる。来季1部リーグに上がるトップチームで、1年目からメンバーに入るという強い気持ちをもって臨んでほしい」と話した。

 またトップチームの菅野将晃監督は、「下部組織出身ということに関係なく、あくまで本人の力を評価した。クレバーで、これから身体的な強さも身につけられる選手。2、3年後には中盤の一角に入ってほしい」と期待をかける。

 大学進学も迷ったものの、周囲からも背中を押され入団を決意。田中選手は、「下部組織の1期生として、入団した時からトップチームに入りたいと思っていたので、昇格できるのは嬉しい。自分の特長を出して、少しでも早く試合に出場したい」と抱負を語った。

「笑顔が印象的」

 田中選手の小中学時代を知る津久井FCの福川裕史代表(61)は、「笑顔が素敵な子で、とにかくサッカー好きという印象。基本練習でもにこにこしながら淡々と取組んでいた」と当時の田中選手の様子を語り、「プレーはとてもクレバーだった。特出した技術があるというより、まじめに目の前の課題をこなし、実績を積み上げていくタイプ。その彼女の一番の良さを大事に育っていって欲しい」とエールを贈った。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

8月に閉館、建替えへ

アートラボはしもと

8月に閉館、建替えへ 文化

今夏 民間事業者を公募

6月17日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter