さがみはら緑区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

木工に魅せられて 82歳、根小屋の谷合さん

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
自慢の「幌馬車」を手に笑顔の谷合さん=9日、自宅で
自慢の「幌馬車」を手に笑顔の谷合さん=9日、自宅で

 どんぐりで作った人形を乗せた幌馬車や合掌造りの住居、童話「かちかち山」のワンシーンに、稲作の作業をいくつかに分けてシリーズ化した作品…。

 根小屋在住の谷合正平さん(82)の自宅には、谷合さんがすべて独学で創作した木工作品がずらりと並び、部屋の壁一面を覆う。その数は100近くにもなる。

 定年退職して知人の遺跡発掘を15年ほど手伝っていた谷合さん。「幼少に住んでいた、麦わらで葺いた屋根の自宅を再現して、思い出に残したくて」と今から6年ほど前、肩を痛めたことを機に、リハビリを兼ねて木工作品を作り始めた。

 記憶を頼りにいざ作ってみると、周囲の評判は上々。本腰を入れて創作活動を始め、気づけば部屋中に作品が立ち並ぶまでになった。

 材料は山に落ちている木枝や百円均一店などで調達するため、「1作品に500円もかからない」。かかりきりでなくても、合間の作業で1週間もかからずに作れるという。作品のモデルは頭の中にあるイメージ。思い出を掘り起こして、手持ちの材料とのバランスを考えながら、形にする。指先を使う細かな作業は、「認知症予防にも効果があるのでは」と谷合さんは元気に笑った。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「フォトシティ」掲示板披露

「フォトシティ」掲示板披露 社会

橋本RCが寄贈

3月26日号

さくらまつり中止に

さくらまつり中止に 文化

津久井湖 水・花の苑地

3月26日号

市、橋本のPR冊子発行

市、橋本のPR冊子発行 社会

暮らしやすさ 市内外に紹介

3月26日号

鈴木俊彦さんが最優秀賞

鈴木俊彦さんが最優秀賞 文化

津久井湖記念館フォトコン

3月26日号

「避難行動に役立てて」

相模原市

「避難行動に役立てて」 社会

洪水ハザードマップ改定

3月26日号

県が男性育休ガイド発行

県が男性育休ガイド発行 社会

事例盛り込み取得を推進

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク