さがみはら緑区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

相模原市緑区八王子市 佐野川往還をウォーク 官民協力で初の連携事業

スポーツ

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
自然と歴史を感じながらのウォーキング
自然と歴史を感じながらのウォーキング

 相模原市緑区と八王子市が初めて連携し、企画した事業「八・緑マウンテンウォーキング」が12月10日に開催された。両市の自然や歴史を感じながら、藤野から八王子まで歩くこのイベントに計252人が参加。市は「今後も様々な形で交流を深めていきたい」と話す。

 緑区の藤野・相模湖地域と八王子市は地理的に隣接しており長年、各地区の祭りやイベントへ相互に参加し合う等民間レベルでは盛んな交流が行われてきた。

 そうした中、「養蚕が盛んだった藤野・相模湖から八王子へ生糸を運んでいた道路を歩くことにより、当時の歴史を振り返ろう」と、佐野川往還(甲州裏街道)を歩くイベントを企画。藤野、相模湖、八王子の3観光協会が中心となり、実行委員会(実行委員長に藤野観光協会代表理事の山崎睦文氏)を組織し、相模原市と八王子市が共催する形で初めて連携事業として実施することになった。

 当日は晴天に恵まれた中、佐野川公民館に集合し、倉子峠、和田峠を通り、夕やけ小やけふれあいの里(八王子市上恩方町)まで約16Km(佐野川往還)を参加者各々ペースで歩いていた。

 途中地元団体の協力を得てすいとん、甘酒等が振る舞われ、参加者は「冬ではなく春や夏にも家族で歩いてみたい」「思ったほどきつくなかった」「知らない人と話せて楽しかった」等様々な感想を話した。山崎実行委員長は「想像以上の方々に参加頂き嬉しく思います。コースにはにほんの里100選の佐野川地区なども含まれ、自然や歴史が楽しめたと思います。今回初めて本格的に両市で連携した事業を行いましたが今後も継続して行っていきたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

8月に閉館、建替えへ

アートラボはしもと

8月に閉館、建替えへ 文化

今夏 民間事業者を公募

6月17日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter