さがみはら緑区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

創業50周年を迎えた株式会社ギオンの代表取締役会長を務め、街づくりにも精力的に尽力する 祇園 義久さん 町田市玉川学園在住 74歳

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena

「出会いは宝」街への恩返し

 ○…物を運ぶだけではない。環境事業や人々の健康管理にまで取り組む「総合物流サービス」を展開。全国規模で拠点を広げる現在も、ホームタウンチームのスポンサーや、地域社会貢献事業に取り組むなど、相模原・町田エリアの街づくりに大きく関わる。「この地域に育ててもらった。現場(地域)があり、会社があり、今の私がある」。”現場ファースト”を胸にその経営手腕をふるう。

 〇…会社創業の原点は「世のために何ができるか」という思い。岡山県に生まれ、県内屈指の進学校に通う高校生は、ある年の8月15日に覚悟を決めた。文献を読み漁り、当時の日本に最も必要だと確信したのが「物流」。周囲の反対を押し切り、東京行の夜行列車に乗った。「はじめるなら東京。人口が多い街にはそれだけ『出会いのチャンス』がある」。18歳のころだった。

 〇…ゼロからのスタート。退路を断つため故郷への連絡は断ち、新聞販売店に住み込みで働く。早朝3時から朝刊配達と夕刊までは営業活動。「もちろんうまくいかないことも」と振り返るが、転機はまもなく訪れた。「時間を無駄にするのが嫌」と、空き時間に地域の掃除をしていたある日、「偶然、近所に住んでいた古賀政男さんに声をかけられて。かわいがってもらった」。言わずと知れた大作曲家。”出会い”は力となり道を照らした。資金を貯め、会社設立。その後も、混雑時の人気そば屋に相席希望で通うなど「人と出会うこと」を日課にした。これまでの様々な困難も、多くの出会いが支えてくれた。

 〇…会社のスローガンは「運ぶちから、未来をつくる」。物流業という労働集約型のビジネスでは「人を大切にする」ということが重要とされる。「人のために、社会のために、何ができるか。私が現役のうちに基盤を固めてバトンを渡す。それが役目かな」。物を動かし、人を動かす。ギオンの「動き」が街に新たな出会いを生み出している。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク