さがみはら緑区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

相模原綜合卸売市場 市民の台所、歳末の活況 年の瀬恒例、大売り出しも

経済

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
専門店ならではの品揃えと値頃感が人気
専門店ならではの品揃えと値頃感が人気

 地元小売商店・飲食店への卸売拠点で、市民の「台所」としても親しまれている「相模原綜合卸売市場」(中央区東淵野辺4の15の1)。年が押しせまるにつれ、暮れの贈答品や正月の準備品を買い求める人々で賑わいをみせている。年末3日間には恒例の大売り出しを開催。今年も活況が予想される。

 JR古淵駅徒歩約7分の国道16号沿いに立地する総合卸売市場。鮮魚や青果、精肉、海産物など、35の専門商社が所狭しと軒を並べている。毎週土曜日の一般開放日ともなると、新鮮な旬の食材を手頃な値段で求めようとする一般客で混雑する。販売に加え、新鮮素材を使った飲食サービスが始まったこともあり、近年では家族連れなども増えてきているという。

 同市場では、歳末の28日(水)から30日(金)の午前中に、毎年恒例となった年の瀬の風物詩「歳末大売り出し」を開催。年末年始に特に人気が高いマグロやカニ、牛肉はもちろん、かまぼこなど正月用品も全品卸売価格で提供する。樋口場長は「専門店ならではの品揃えで、いいものをなるべくお安くご提供致します。雰囲気を楽しみに、ぜひご来場下さい」と話す。詳細は【電話】042・730・3011へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter