さがみはら緑区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

元タイ首相題材映画 市内皮切りに撮影開始 御園で暮らした謎に迫る

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
映画撮影のワンシーン
映画撮影のワンシーン

 タイの立憲革命を牽引し、亡命後は南区御園でも生活していた元同国首相のピブン・ソクラーム氏(以下ピブン氏)らの半生に迫った映画「フレネミー〜プリーディーとピブン〜」が、2月7日・8日の市内での撮影を皮切りに製作をスタートさせた。

 ピブン氏は第二次世界大戦前後に活躍した政治家。1932年には当時の絶対君主制を打破し、タイ(当時シャム)に立憲政治をもたらした。混乱期の中で若くして政治の中枢で活躍していたことから、政敵は少なくなかった。57年には軍によるクーデターに遭い、カンボジアを経て日本へ亡命。最後の1年は御園に移り住み、66歳で生涯を終えた。

 今回の作品を手掛けるのはタイでCMや映画などの監督を務めるパサコーン・プラムオン氏。国内外で重要な役割を果たしたピブン氏について、その素性や人間性に触れられる機会が少ない現状に着目し映画化を決意した。

ピブン氏研究、時超え形に

 ピブン氏の晩年については、相模原市国際交流協会発行の機関紙に、同氏に関する記事があることがわかった。記事を執筆したのは生前、ピブン氏の謎の亡命生活を研究し、書籍化の夢半ばで亡くなった作家の大野力氏の義弟の田所晋さん(御園在住)だった。それを知ったパサコーン氏は昨年6月に来日し、田所さんと面会。大野氏の妻であり田所さんの実姉・大野和子さんや、当時ピブン氏が住んでいた御園の自宅近くに昔から住む深野武雄さんらとも交流し、映画制作へのヒントを得て帰国した。

 パサコーン氏は大野氏の残した大量の資料のコピーから映画の構成を練った。その後、日本での撮影を決意し日程調整を進め7日、ピブン氏が訪れたとされる相模原公園から撮影をスタートした。

 制作が始まったことについて田所さんは「義兄が神経を注ぎ、作り上げた資料を形にするのは私の使命でもあった。映画という形でその資料が陽の目を見て本当に嬉しく思う。作品の中でどこまでピブン氏の謎に迫れるかわからないが、完成を楽しみにしている」と笑顔で話した。

 相模原での撮影を終えたパサコーン氏は「タイの政治が混迷を極める現在、政治について『良い、悪い』ではなく、国民が政治を考えるきっかけになってほしい」と作品に込めた思いを話した。

 パサコーン氏らは今後、タイ、フランスでの撮影を経て、来年中にタイ国内で上映する予定。現在、日本での上映予定はないが、パサコーン氏は「日本でも是非上映させたい」と意気込みを語った。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

SC経営 DeNAが参画

SC経営 DeNAが参画 スポーツ

地域振興にタッグ

3月4日号

23年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

23年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク