さがみはら緑区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

「小松・城北」里山をまもる会の事務局として奔走する 熊谷 達男さん 広田在住 76歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

里山の自然、後世につなぐ

 ○…市北部に位置し、県市が環境保全の促進を進めている小松・城北地区。「後世に誇れる里山づくり」を標榜し、その景観を守る活動を続ける団体の事務局として、発足から13年間走り続けてきた。散策路や古道、生物生息環境の整備、近隣の広田小学校児童の自然体験学習への協力など、活動は幅広い。昨年9月から開始した、城山地区社会福祉協議会が行う、畑仕事によるコミュニティ形成事業「しろやまふれあい農園」にも協力。「事業を軌道にのせたい」と意気込む。一方、悩みの種は「担い手不足」。後継者探しが目下の課題。

 ○…出身は福島県の東和町(現・二本松市)。自然に囲まれた原風景を、保全する里山の姿に重ねる。「活動を続けてこられた原動力になっているのかな」としみじみと郷里を追想する。中学卒業後、集団就職で上京。当初は好きな鉄道関係の仕事を望んでいたが、縁あってNECに入社。約40年間、製造や営業業務に従事し、富山や茨城など地方の工場立ち上げにも携わった。定年後、「何の縁か、故郷と同じ地名」の緑区二本松で、知人の鶏肉専門店を引き継ぎ、もうじき20年になる。

 ○…東日本大震災で被災した福島県の親子を市内外に招き、保養キャンプを継続している市民団体『母ちゃんず』を、同郷の縁から相談役として支援している。また現在、城山地区社協の会長、相原二本松商店街の副会長に在任中。過去には城山の自治会連合会長や広田小の初代PTA会長を務めるなど、参画する地域活動は枚挙に暇がない。

 ○…月2回ほど、仲間と好きな歌を歌うサークルに参加。お気に入りのナンバーは、三橋美智也や春日八郎を主とした「昭和40年以前の演歌」。だが最近は多忙な日々に、趣味に興じる時間もままならず、「うれしくもあり、悲しくもあり」と苦笑い。二足、三足とわらじを履くが、ともに店を切り盛りする夫人と娘夫婦、そして2人の孫との和やかな家庭を支えに走り続ける。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

安藤 民世さん

行政相談委員として2020年度の総務大臣表彰を受賞した

安藤 民世さん

中央区陽光台在住 75歳

2月18日号

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

2月4日号

伊藤 孝久さん

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

伊藤 孝久さん

橋本在住 69歳

1月28日号

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク