さがみはら緑区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

城山公民館の館報が表彰 市内コンクール、緑区で唯一

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
受賞した館報を広げる城山公民館の広報委員長・曽根さん(左)と中戸川敏彦館長
受賞した館報を広げる城山公民館の広報委員長・曽根さん(左)と中戸川敏彦館長

 「第28回公民館報コンクール」で城山公民館(久保沢)の「公民館報しろやま・第34号」が「企画・アイディア賞」に選ばれ、2月3日に市民会館で開催された「第42回相模原市公民館のつどい」で表彰された。緑区内12の公民館で唯一の受賞。このつどいは、市内32の公民館を対象に毎年開催。コンクールはその中で行われ、公民館報を作っている27館が応募した。

 今回は同賞のほか「表現賞」「レイアウト賞」「タイムリー賞」「ジョイフル賞」が設けられ、つどい実行委のコンクール担当委員が、各館報とそれぞれの自己評価を精査し採点。それをもとに、各賞の審査項目に基づき選んだ。企画・アイディア賞は、読者の意見・反応をとりあげるような工夫や、囲み記事などの工夫、特色のある魅力的な内容・企画などがあるかが求められた。

「よりわかりやすく」

 館報しろやまは、地域のボランティア6人からなる広報委員が製作し年4回発行。地元の時事ネタや歴史、公民館の催事など綿密に取材された幅広い情報を掲載し、各戸配布や関連施設への設置などで館区内の世帯に提供している。広報委員長の曽根哲男さんは「地域の情報をよりわかりやすく伝えることがコンセプト」と話す。昨年9月1日に発行した34号では、翌月からのゴミ収集日程変更を受けて、津久井クリーンセンターへ取材をした公共性の高い記事や、シリーズ化している歴史コーナーなどを掲載。文字の大きさやレイアウトにもこだわった。

 曽根さんは「受賞は目的ではなく、あくまでも地域とのキャッチボールの結果。でも、このような賞をいただけたことは委員の励みになる」と話していた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

協同病院に約3700万円

協同病院に約3700万円 社会

地元有志がクラファン実施

2月25日号

高齢者施設は訪問接種に

コロナワクチン

高齢者施設は訪問接種に 社会

クラスター防止で対策

2月25日号

東京五輪へ 弾みの3冠

東京五輪へ 弾みの3冠 スポーツ

競泳・小堀さん 優勝を報告

2月25日号

名称・森ラボに決定

名称・森ラボに決定 経済

藤野テレワークセンター

2月25日号

新スタジアム 要望書提出

HT4チーム

新スタジアム 要望書提出 スポーツ

10万4千超の署名集まる

2月25日号

「初めてのJ2、楽しみたい」

2021開幕、三浦文丈監督インタビュー

「初めてのJ2、楽しみたい」 スポーツ

目標は勝ち点50

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク