さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

相模原市ファミサポ 4月から会費を無料化 市「利用促進の一助に」

社会

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市では、地域において育児の手助けを受けたい人(利用会員)と行いたい人(援助会員)を結び付け、相互に援助する有償事業「相模原市ファミリーサポートセンター」を、市社会福祉協議会に委託して実施している。同事業をさらに広く市民に利用してもらうため、市はこれまで利用会員、援助会員ともに課していた会費(月額100円)を、この4月から無料化することを決めた。

 この事業は1994年度に国の補助事業としてスタート。その後、交付金事業として全国展開され、相模原市でも2002年度から開始された。

 市では事業開始以降、利用会員、援助会員ともに年額1200円の会費を徴収してきたが、4月以降の無料化を決めた。市こども青少年課はその理由を「育児の負担や不安の解消に、同事業を広く活用してもらうため」としている。またこれまで「生後3か月〜」だった利用会員の条件も「生後0か月〜」に引き下げる。これは、産後うつや出産間もない母親の孤立を防ぐのが狙いだという。

 支援の内容は、保育所・幼稚園への送迎やその後の預かり、話し相手など様々。センターが仲介して、利用会員、援助会員同士が事前に顔合わせを行い、両者が合意すれば契約が成立する。援助会員への謝礼は1時間700円からとなっている。

 同事業を利用するにはファミリーサポートセンターへの会員登録が必要。会員の条件は、利用会員が生後0か月から小学校6年生以下の子どもを持つ人。援助会員が心身ともに健康な20歳以上の男女で、センターによる2日間の講習会を受講することが条件。また利用・援助を兼ねる両方会員もあり、全て市内在住・在勤・在学者が対象となる。同センター事務局によれば、3月17日現在で市内の登録会員は利用が852人、援助が652人、両方が32人。

 4月の入会説明会は6日に緑区合同庁舎、15日にあじさい会館、25日に南保健福祉センターで開催される。問合せは市ファミリーサポートセンター【電話】042・730・3885へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク