さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

春の祭典 今年も盛大に パレードで幕開け

文化

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
会場の通りを彩る主役の桜(写真は過去)
会場の通りを彩る主役の桜(写真は過去)

 相模原市の春の名物イベント「第44回相模原市民桜まつり」が4月1日(土)・2日(日)、市役所さくら通りなどを会場に開催される。今年も市内で活動する各種団体によるパレードや会場内の各所に設けられたブースがまつりを盛り上げる。

 毎年40万人を超える人出で賑わう「桜まつり」。「72万人のふるさとづくり」をテーマに、1974年に始まり、今年で44回目を迎える。当日は、盛大な開会式とパレードでスタート。テープカットに続き、相模原市少年鼓笛バンド連盟の子どもたちによる鼓笛が、まつりの幕開けを告げる。相模原市をホームタウンとして活躍するノジマ相模原ライズ(アメリカンフットボール)や三菱重工相模原ダイナボアーズ(ラグビー)、ノジマステラ神奈川相模原(女子サッカー)の選手らも通りを練り歩く。

 2日目も、パレードがまつりを彩る。中央幼稚園の鼓笛隊や、千代田自治会連合神輿会や田名若者神輿連合会など普段は市内の各地区で夏祭りの盛り上げ役を担う神輿連が「桜まつり」にも駆けつける。

 市役所本庁舎前に設けられたステージでは、様々な団体やキャラクターがパフォーマンスを披露。1日目の午後2時からは、市マスコットキャラクターのさがみんをはじめとするキャラクターが大集合。シャッターチャンスをお見逃しなく。午後4時30分からは相模原中央商店街のアイドル・こけ丸が「こけ丸ダンス」で盛り上げる。

 今年は、主役の桜も準備万端の様子。年に一度の春の祭典に、みんなで行こう。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

妊婦給付金、期間延長へ

妊婦給付金、期間延長へ 社会

コロナ、インフル流行懸念

10月22日号

SC、終了間際に追いつく

SC、終了間際に追いつく スポーツ

讃岐と引き分け

10月22日号

ノジマ、セレッソに1対3で敗戦

温暖化防止にエコ宣言

温暖化防止にエコ宣言 社会

登録事業者を募集中

10月22日号

カンボジアの小学校再建

カンボジアの小学校再建 社会

市内団体ら資金募り実現

10月22日号

鎌倉古道をたどる

鎌倉古道をたどる 文化

11月14日 先着申込み順

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク