さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

「また会おうね」

経済

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
協会員指導のもと放流された
協会員指導のもと放流された

青根小児童、川に親しむアユとヤマメを放流

 中道志川トラスト協会(尾崎俊晴会長)主催の稚鮎の放流が5月14日、青野原オートキャンプ場横、あゆの碑前河原で行われた。

 中道志川トラスト協会では、鮎の伝承の残る中道志川の風物詩である「鮎が遡上する風景」の復活を図るため、毎年初夏のこの時期に稚鮎を放流。河川美化活動、川とのふれあい体験なども実施している。

 当日は、地元の小中学生や親子、近隣自治会員など約100人が参加。同協会会員が手分けして、約2万5千匹の稚鮎を放流した。参加した子どもたちは「道志川に戻ってきて欲しい」「地アユは小さくて可愛い」などと話していた。

稚鮎2万5千匹を放流中道志川トラスト協会

 青根小学校(須藤ゆかり校長)の児童が5月17日、青根地区の道志川にアユとヤマメを放流した。

 同地区の自治会など各種団体で組織される青根地域振興協議会(関戸正文会長)が、県企業庁の協力のもと、川流域の魚類の生育や河川環境を維持するために1993年から続けている事業の一環。

 この日、緑の休暇村センター前の河原に降り立った児童7人は、教員や市職員、保護者ら約40人が見守る中、「元気でね、大きくなって戻ってきてね」と呼びかけながら、それぞれ10cm、20cmほどのアユとヤマメの稚魚計30kgを川に放流した。

 その後、児童は上流で稚魚のつかみ取りに挑戦。4月に入学した一年生4人は今回が初めての体験で、素早く動き飛び跳ねる稚魚に最初はてこずりながらも、後半は「コツを掴むとバンバン取れる」と、びしょ濡れになりながら次々と魚を捕まえていた。

「じゃあね」などと稚魚に声をかけながら放流
「じゃあね」などと稚魚に声をかけながら放流

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

小6生 最後は笑顔で

小学生ドッジT.K.G

小6生 最後は笑顔で スポーツ

県規模の大会で準優勝

4月22日号

食料支援企画を立ち上げ

市出身俳優水石さん

食料支援企画を立ち上げ 社会

ひとり親家庭に向けて

4月22日号

子どものやる気の育て方

オンラインセミナー

子どものやる気の育て方 経済

5月18日 参加無料

4月22日号

連休「家で花火を楽しんで」

連休「家で花火を楽しんで」 文化

全国一斉、市内は3日・5日

4月22日号

SC、磐田に惜敗

SC、磐田に惜敗 スポーツ

1点差で勝ち星逃す

4月22日号

家族で酒米を作ろう

家族で酒米を作ろう 経済

参加募集 青根の田園

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter