さがみはら緑区版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

東京五輪ロードレース 叶うか、市内通過案 国道20号など想定も

スポーツ

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena
緑区には多くの自転車愛好家が集う=15日
緑区には多くの自転車愛好家が集う=15日

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の自転車競技(ロードレース)で、相模原市内を通るルートが検討されている。市内を会場とする競技は現状ほかに予定がない。決定すれば、地域の盛り上がりやスポーツ振興につながることが期待される。

 ロードレースのコースを巡っては、2015年12月のIOC(国際オリンピック委員会)理事会で、皇居外苑を発着点とすることで承認されていた。しかし今年5月、国際自転車連合の要望で、都内をスタートし富士スピードウェイ(静岡県)をゴールとする案も検討されているとの報道があったことから、八王子市の呼びかけにより6月26日、新コースが通る可能性がある同市と立川市、府中市、日野市、国立市、相模原市の6市が合同で、誘致に関する要望書を大会組織委員会と東京都に提出している。

 現状、20年の五輪で他競技が相模原市内を会場とする予定はない。起伏に富み、多くの自転車愛好家がツーリングを楽しむ国道20号や413号(道志みち)、412号など、市内を通るコースは多々想定される。市は、「もし市内通過が決定すれば、市民が間近で自転車の走る姿を見ることができ、市のスポーツ振興にもつながる」と期待を寄せる。要望書提出後の状況については「今のところ動きはなく、待ちの状態」と話した。

地元も期待

 1964年の東京五輪では、相模湖町(現・緑区)にある県立相模湖漕艇場がカヌー競技の会場となった。緑区与瀬に住む男性は「小学1年の時で、たくさんの外国人や、国道20号を走る聖火リレーが印象に残る。当時のことが記憶にあるのは宝。また経験できるというのは感慨深いし、街も盛り上がるのでは」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

佐藤靖子さんが初優勝

青根在住プロゴルファー

佐藤靖子さんが初優勝 スポーツ

国内ツアー 家族支え糧に

4月15日号

高齢者施設へ接種開始

コロナワクチン市内状況

高齢者施設へ接種開始 社会

集団・個別は5月以降に

4月15日号

改良工事で省エネ化

北清掃工場

改良工事で省エネ化 社会

売電収入3300万円アップ

4月8日号

相模原市がワイン特区に

相模原市がワイン特区に 社会

規制緩和で地産拡大期待

4月8日号

4月1日から有料化

市の電気自動車充電器

4月1日から有料化 社会

民間スタンドの拡大受け

4月1日号

市、集団接種へ運営訓練

コロナワクチン

市、集団接種へ運営訓練 社会

副反応対応など手順検証

4月1日号

日本初のオートミール専門店

4月オープン!日本の主食に新たな選択肢を!

https://www.facebook.com/js.oatmeals

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter