さがみはら緑区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

光明相模原・戸塚優斗さん 初出場で世界の頂に 平昌冬季五輪へ大きな一歩

スポーツ

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
(上)ハーフパイプ競技で高さあるジャンプを決める戸塚さん、(下)表彰台で笑顔を見せた=ともに提供
(上)ハーフパイプ競技で高さあるジャンプを決める戸塚さん、(下)表彰台で笑顔を見せた=ともに提供

 ワールドカップ、スノーボード・ハーフパイプ第1戦の決勝が9月8日、ニュージーランド・カードローナで行われ、光明学園相模原高校(南区)1年の戸塚優斗さん(15)が優勝した。W杯初出場で初優勝という輝かしい功績をおさめ、来年2月に開催される平昌冬季五輪出場へ大きな一歩となった。

 半円筒状の専用コースの斜面を利用し、ジャンプや回転など技を競うハーフパイプ競技。2本滑り、得点の高い方が採用される決勝で戸塚さんは、2回目の滑りで93・25点と最高得点を記録。14年のソチ五輪で銀メダルの平野歩夢さん(2位)、銅メダルの平岡卓さん(7位)と国内の強豪ライバルをおさえて、初出場ながら世界の頂点に立った。

 戸塚さんは幼い頃から両親の影響でスノーボードを始め、2016、17年に全日本ジュニア選手権で優勝。今年3月に札幌市で行われた全日本選手権を制するなど、”ハーフパイプ界の新星”として注目の的となっていた中で、大きな結果を残した形となった。

 今回の結果で戸塚さんは、平昌冬季五輪出場における全日本スキー連盟が定めた派遣推薦基準(世界大会で8位以内を1回以上)を満たした。日本人選手の出場枠(最大4)をかけ、来年1月まで続くW杯などの戦いが続く。

競技と勉学を両立クラスの中心に

 戸塚さんの担任を務める同校の脇野浩一教諭は、戸塚さんの学習態度を「授業の大切さを理解しており成績も良好で、競技とのバランスをしっかりと保っている」と評価。一方、学校での様子は「性格は明るく誰とでも上手く接することができ、友人も多く笑顔が絶えない生徒。トップアスリートとしての自覚が出てきており、クラスの中でも皆の中心になりつつある」と話した。

 同校では、校舎に垂れ幕を下げて今回の偉業を祝す予定という。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

一年を安全に

一年を安全に 文化

佛光寺で相陽建設が祈念

1月21日号

「ジュニア世代」へ寄付

相模原出身プロゴルファー

「ジュニア世代」へ寄付 社会

昨年末、所属した協会経て

1月21日号

コロナ禍でもワークショップを

【Web限定記事】アートラボはしもと

コロナ禍でもワークショップを 文化

ラボックスプログラム参加学生募集

1月21日号

コロナの想いを川柳に

コロナの想いを川柳に 経済

城山商工会青年部

1月21日号

「淵野辺卒」ランナーら活躍

「淵野辺卒」ランナーら活躍 スポーツ

青学OB 駅伝などで

1月21日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク