さがみはら緑区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

大島在住遠藤吉和さん 菊花大会で日本一 14年ぶり4回目の栄冠

文化

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
優勝旗を手にする遠藤さん=11月21日、大島の自宅で
優勝旗を手にする遠藤さん=11月21日、大島の自宅で

 大島在住の遠藤吉和さん(73)が、11月10日から12日にかけて岩手県花巻市で行われた一般社団法人全日本菊花連盟(本部・静岡県三島市)の第53回全国大会花巻大会で、最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した。遠藤さんがこの大会で最高賞に輝いたのは、14年ぶり4回目。

 この大会は、菊花の栽培技術の向上や品質改良、愛好者の普及などをめざして年に一度、各都道府県を会場に持ち回りで開催されているもの。全国各地の愛好家が丹精込めて育てた菊花が一堂に集まる。

 北海道から鹿児島県までの愛好家371人が参加した今大会には「実生花(みしょうか)」や「根引花(ねびきか)」「新花」「古花」など17部門ある中で、「厚物」「太管(ふとくだ)」「管物(くだもの)」など花型によって分かれた55種目に1192点が出品された。

 今回、7種目に出品し、そのうち3作品が種目別の1位となった遠藤さん。中でも新花部門・太管種目に出した作品「彩胡流星」が、各種目別1位作品の中から選ばれる最高賞に選出された。合議審査員の選評によれば遠藤さんの作品は、花芯が理想とされる盃状で花弁はきれいな段咲き、花先が上向きに小さく丸まって(玉巻き)おり、「欠点がまったくない見事な花。理想的な形」とされ、満場一致で決定したという。

自然体が奏功

 菊を作り始めて38年になるという遠藤さん。この大会は第20回に初出品、いきなり上位の賞を受賞して菊花の世界にのめり込んだ。第26回で初めて最高賞を受賞して以来、日本一の栄冠に輝くのはこれで4回目。遠藤さんは「出し続けていれば、またチャンスがあると思っていた。欲張らずに自然体でやってきたのが良かったかな」と微笑んだ。

 現在、同連盟の公認指導員、公認審査員も務める遠藤さん。菊作りに励む日々を縫って地方を回り、後進の指導にも尽力している。「作品を出して張り合っていれば健康にも良いし、できる範囲で続けていきたい」と遠藤さんは話した。

内閣総理大臣賞を受賞した遠藤さんの「彩胡流星」
内閣総理大臣賞を受賞した遠藤さんの「彩胡流星」

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「寄り添う」支援 国から表彰

くすのき広場

「寄り添う」支援 国から表彰 社会

地域ぐるみで6年目

2月27日号

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク