さがみはら緑区版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

青山学院大学 チームで狙う 箱根の頂 今年は「ハーモニー大作戦」

スポーツ

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena
16人の登録メンバーたち
16人の登録メンバーたち

 1月2日(火)・3日(水)に開催される「第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)。中央区淵野辺のキャンパスを練習拠点とする青山学院大学は、不本意な結果に終わった出雲・全日本駅伝の雪辱を果たすべく、箱根駅伝4連覇の偉業達成にチーム一丸で挑む。

前哨戦は優勝逃す

 昨年は「サンキュー大作戦」を掲げ、箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠を成し遂げた青学。しかし今年は、雲行きが怪しい。前哨戦とも言える10月の出雲全日本大学選抜駅伝競走では、2位。11月の全日本大学駅伝対校選手権大会では、3位と2大会ともライバル校の後塵を拝する結果となり、ディフェンディングチャンピオンの面影を潜めている。

「メンバー揃った」

 そんな状況を原晋監督は、上手くいった区間もあればそうでない区間もありチームが「でこぼこだった」と振り返る。その反省を踏まえ今年は「ハーモニー大作戦でいく」と宣言。3連覇を手繰り寄せた「山の神」神野大地選手や一色恭志選手のようなチームを支える「大太鼓はいない」が、メンバー全員が原監督指揮のもとしっかり走り切れば、優勝できると目論む。

 もちろん選手たちも、出雲・全日本の借りを返すべく意気込んでいる。主将の吉永竜聖選手は「出雲・全日本と負けているが、16人良いメンバーが揃ったと思う。これまで先輩たちが築いてきた伝統を継続させたい」と4連覇に燃えている。

下田・田村の両エースに期待

 そんな中、エースとして期待がかかるのが4年の下田裕太選手と田村和希選手だ。昨年、初マラソンで10代日本最高タイムを叩き出し、10位入賞するなど、東京五輪を視野に期待がかかる下田選手。その持ち前の明るさでチームをけん引しているが、出雲・全日本では調子があがらず、足の状態も懸念されている。しかし本人は「足の調子は良くなっている。このチームで優勝したい」と笑顔を見せる。

 一方、15年大会で1年生ながら4区で区間賞を獲得し、鮮烈な箱根駅伝デビューを果たし、4年連続で箱根路を駆ける田村選手は「今年こそエースとしてしっかり走りたい」と熱い眼差しを見せる。

 そんな二人を原監督は二人の調子が同じ大会で「ピッタリ合ったことがない。ピッタリ合えば優勝できる」と期待する。

午前8時スタート

 箱根駅伝を「夢、憧れの舞台」「成長させてくれた大会」と口を揃えた選手たち。混戦必至の大会でハーモニーを奏で、時代の継続を高らかに響かせられるか。大会は午前8時号砲。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

SC、歴史的一戦は黒星

サッカーJ2

SC、歴史的一戦は黒星 スポーツ

京都との開幕戦は0対2

3月4日号

初戦は甲府と「東海」対決

東海大相模

初戦は甲府と「東海」対決 スポーツ

春の選抜 対戦相手決定

3月4日号

市がコールセンター開設

コロナワクチン

市がコールセンター開設 社会

接種相談などに対応

3月4日号

「街かどコン」動画で配信

「街かどコン」動画で配信 文化

無料 地元音楽家が演奏

3月4日号

震災10年節目に図書寄贈

写真家江成常夫さん

震災10年節目に図書寄贈 文化

「風化させず後世に伝える」

3月4日号

発達障害知って

発達障害知って 社会

市図書館が啓発

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク