さがみはら緑区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

県内スギ花粉飛散量 「昨年の5倍増」 平年の2倍で「多い」

社会

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 県の自然環境保全センター(厚木市七沢)がこのほど、2018年春のスギ花粉飛散量の予測を発表した。今春は、飛散量が少なかった17年春から5倍程度増加し、例年の2倍程度になるとしている。

 飛散量の予測は、県内30カ所にあるスギ林で昨年11月中旬の1週間で実施した調査結果をもとに毎年12月下旬に発表している。

 調査対象のスギ林は県北部(相模原市緑区)や県央部(厚木市、愛川町、清川村)、県北西部(秦野市、松田町、山北町)、県西部(南足柄市、山北町、小田原市)の4カ所ある。

 各地のスギ林で40本を抽出して1本ごとの着花状況を点数化し、その平均値を着花点数としている。

 今回の調査では平均値が過去5年間で最も多い67・2点で、昨年の37・7点と過去20年間の平均43・0点を大きく上回った。

 スギ花粉を飛ばす雄花の着花は夏の気象状況と関係が深く、猛暑だと着花が増えるため昨年7月に続いた猛暑が影響しているという。

 地域別の平均着花点数の最多は県西部の74・8点。県北西部と県央部が66・1点で県北部が58・8点だった。県は「全体として雄花が多く着花していて県北部でも日当たりのよい林では多く着花しているため地域的な差はない」としている。

 花粉症を引き起こす植物はスギのほかにヒノキ、ケヤキ、ブタクサ、ヨモギなどもある。スギ花粉は2〜5月に飛散するといわれている。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

日赤に清浄機と寄付金

日赤に清浄機と寄付金 経済

津久井中央・橋本RC

1月14日号

アリオに神社が出現

アリオに神社が出現 文化

2月15日まで 照天神社

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 市病院協会主催

1月14日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

官民連携で達成めざす

特別座談会続き(第2回)

官民連携で達成めざす 社会

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク