さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月1日号
  • LINE
  • はてぶ

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した 西ヶ谷 隆之さん 横浜市在住 44歳

ブレずに「当たり前」追求

 ○…昨年、一昨年と下位に低迷したチームの再建を託された。新たな挑戦の先に見つめるのは目の前の「1勝」とクラブの「未来」。「10年の歴史を引き継ぎつつ、クラブがもう一つ大きくなるための土台作りをしたい。そのためには1戦1戦の勝利が必要」。現段階ではあえて具体的な順位目標などは立てない。一つのプレー、一つのゴール、一つの勝利がクラブの未来を切り開いていくことを信じる。

 ○…クラブの望月重良代表とは旧知の仲。小学3年から静岡県清水市(現清水区)の選抜チームで共にプレー。高校、大学でも同じユニホームに袖を通し、プロでも同期としてピッチに立った。その後2人は別のクラブに進み、自身は27歳で現役引退。「第2の人生」は指導者としての道を選び、昨季までJ2・水戸ホーリーホックを指揮した。若手選手を育成しながら「連続無敗記録」を樹立するなど実績を残したが、契約は昨季で満了。そこで声をかけたのが、望月代表だった。気心知れた戦友からの打診。答えは1つだった。「彼は一からクラブを作り、ここまで成長させてきた。その思いに応えられるよう、今まで以上に責任感を持って仕事に臨みたい」

 ○…夫人はフリーアナウンサー。過去にはその夫人からの勝利インタビューに照れくさそうに応じ、話題となった。相模原については、「町田までは来たことあるかな…」とぽつり。それでも、新たな「職場」での仕事に「美味しいお店などあれば、ぜひ教えて欲しいです」と街の情報収集にも余念がない。

 ○…新たなクラブの指針は「好守において自らアクションを仕掛ける」。判断、プレーのスピードを上げ、ハードワークできる姿を理想とする。そのために求めるのは「当たり前」の徹底。「最後まで走りきること、戦うことなどを選手に追求し、継続させていきたい」。次代のクラブを見据え、飛躍のための礎を築く戦いが始まる。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

沖 美紀さん

「第10回 フラワーデザインコンテスト クイーンズカップ」のプリザーブドフラワー部門で優勝した

沖 美紀さん

11月15日号

夕凪 禅次郎さん

石老山を中心とする津久井の山並みを「心深く…相模の寝姿観音」というタイトルで情感溢れる歌にした

夕凪 禅次郎さん

11月8日号

西村 繁男さん

絵本作家としてこのほど、相模原市立図書館で講演会を行う

西村 繁男さん

11月1日号

高橋 研吾さん

第4回つくい湖湖上祭の実行委員長として祭りを先導する

高橋 研吾さん

10月18日号

椎木(しいき) ゆうたさん

漫才コンビ「世間知らズ」でツッコミを担当する

椎木(しいき) ゆうたさん

10月11日号

小俣 哲夫さん

甲州街道小原本陣祭実行委員長に就任した

小俣 哲夫さん

10月4日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク