さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月8日号
  • LINE
  • hatena

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された 後藤 優輝さん 中央区淵野辺在住 22歳

人々の夢を応援するため

 ○…「大変光栄。自分の活動が認められて誇りに思う」と喜びを素直に表す。「(学生消防団として活動する)後輩たちにはこの先も継続してほしいし、入っていない人たちにも団のことを知ってもらい、参加してもらいたい」。地域防災の必要性が叫ばれる中、逆行するように市の消防団員は定員割れが続く。若者の担い手も渇望されている現状に、自身が熱く取組んできた活動の広がりを願う。

 ○…ひばり幼稚園、大野北小、大野北中出身の地元っこ。兄とともにサッカー少年だった小学生のある日、父に連れられて行った草野球に魅了された。たちまち地元少年野球チームに入部し、リトルシニアを経て日大藤沢高校へ。得意の打撃を生かして3年の夏には県4強入りに貢献した。今も地元の仲間とプレーを楽しんだり、硬式チームで中学生を指導したりと、常に野球は人生の傍らにある。

 ○…消防団活動の原点は中学時代。野球の練習中に飛球を追って頭を強打し、駆け付けた救急隊員に助けられた。「あの時、適切な処置をしてもらえたおかげで、野球を断念せずに済んだ。市民の夢や目標を手助けする仕事なのだと思った」。その後、高校の先輩が消防に就職すると、「自分も消防の仕事がしたい」と思いは膨らみ、大学進学後「学生のうちにできることを」と地元消防団に入団。4年間、学業と並行して災害出場や車両の整備などの消防活動に勤しんだ。「違う世代の方との交流で様々な価値観にふれられ、応援もしてもらった。やりたいことのために送れた学生生活はプライスレス」と頬を緩める。

 ○…時間があると、趣味の自転車で相模湖や津久井湖のほうへと足を延ばし、緑とふれあう。「相模原は少し都会で、街なかを外れれば自然が豊か。過ごしやすいまち」。愛する地元に寄与したいという思いは強い。大学卒業後は、夢である消防の道へ進むつもり。念願が叶ったら、次は自分が人々の夢を支える番だ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

村崎 幸恵さん

発達上、支援が必要な子どものサポーターを育て、支える団体『れいんぼうず』の代表を務める

村崎 幸恵さん

1月17日号

宇田川 隼さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

宇田川 隼さん

1月10日号

津田 雄一さん

JAXA准教授で、小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャを務める

津田 雄一さん

1月1日号

齋藤 正行さん

(公社)神奈川県LPガス協会相模原支部の支部長を務める

齋藤 正行さん

12月20日号

宮崎 哲朗さん

今夏から相模原市相模原佛教會会長を務めている

宮崎 哲朗さん

12月13日号

遠藤 春仁(はると)さん

ウェイクシリーズ アマツアーの総合ランキング1位を獲得し、プロに昇格する

遠藤 春仁(はると)さん

12月6日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク