さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める 吉見 夏稀さん 南区新戸在住 24歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

背中で引っ張る新主将

 ○…好きな言葉は「なんとかなる」。昨季で引退するまでの6年間、大きな声で仲間を鼓舞してきた尾山沙希さんの後を継ぎ、「ステラ」の2代目キャプテンに任命された。試合では守備から中盤、攻撃まで様々なポジションをこなし、終了のホイッスルが鳴るまでボールを追いかける。チームが「変革」をスローガンに掲げる今季、「自分はプレーで引っ張っていきたい」と静かに意気込みを語った。

 ○…座間市出身。兄の影響で4歳から始めたサッカーに打ち込み、栗原小学校卒業時には「もっと上手くなりたい」と単身福島へ。現地の中学・高校に通いながら、アスリート養成機関のJFAアカデミー福島で同世代と切磋琢磨してきた。そこでの菅野将晃監督との出会いをきっかけに、2012年のステラ創設に18歳で参加。当時の最年少が今では唯一の初期メンバーとなり、引退する仲間を見送ってきた。「自分も毎年、後悔しないように選手人生を過ごしたい」

 ○…午前中はノジマ座間店で働き、午後はサッカー選手という生活も7年目。「おじいちゃん、おばあちゃんのお客さんが多くて、話すのは楽しい」と接客にもすっかり慣れた。趣味は韓国のバンド「CNブルー」のライブDVD鑑賞などインドア派で性格は人見知りだが、国外では積極的に。先日の休暇では「中学時代に地理の教科書で見て以来、憧れていた」ギリシャ・サントリーニ島へ一人旅。片言の英語を駆使し、多くの交流が生まれたという。

 ○…なでしこリーグ1部初挑戦となった昨季は、リーグ戦で10チーム中8位と苦しい経験をした一方、皇后杯では準優勝を果たし、確かな手応えもつかんだ。新たな選手・スタッフを迎え、目指すはリーグでの上位進出だ。「走るのは好きじゃないんですけど」と苦笑しつつ、「全員が全力でひたむきにプレーするステラのサッカーを、スタジアムでたくさんの人に見てもらいたい」と市民へ呼びかけた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

12月12日号

野呂 正人さん

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する

野呂 正人さん

青野原在住 65歳

12月5日号

伊藤 勉さん

城山地区「お出かけの“わ”委員会」の委員長として地域福祉に努める

伊藤 勉さん

川尻在住 71歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

千木良在住 71歳

11月21日号

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

相模原市邦舞三曲連盟の会長に就任した

大由 鬼山(だいよしきざん)さん(本名:大由 修)

南区若松在住 71歳

11月14日号

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

藤野が誇る児童文学者として吉野宿ふじやで企画展が開催されている

丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん)

名倉在住 78歳

11月7日号

岡川 智行さん

東京五輪に向け、ネパールオリンピック委員会から選手のトレーナーを依頼された

岡川 智行さん

東橋本在住 39歳

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク