さがみはら緑区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

城山商工会スタンプ会の会長を務める 榎本 陽治さん 川尻在住 77歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

「城山商業を盛り上げたい」

 ○…「城山の小売業を盛り上げていきたい」と1968年に創立、来年度50周年を迎える城山商工会スタンプ会の会長を務める。会の主な活動は、スタンプを使った歳末・年末の大売出しや、もみじ・桜まつりなど各種イベントの出店など多岐にわたる。現在の加盟店は19店。地域の高齢化が進む中、最盛期は70店近くあった加盟店の減少を一つの課題に挙げる。「小売店には地域コミュニティとしての大切な要素があります。そうした灯を消すことなく次世代に引き継いでいきたいですね」

 ○…父親が1928年に創業した酒屋を引き継ぎ、現在は息子と共に家業に勤しむ。市の酒販組合の役員も務めるかたわら、日々思うのは「我々も変わっていかなければ生き残れない」ということ。大型資本の流入の影響など、業界を取り巻く環境が厳しい中「古くからのお客様との結びつきを大切に、個々の要望を細かく把握して、配達に力を入れています」と話す。

 ○…一方、2003年からは狩猟免許を取得し、神奈川県猟友会津久井支部のメンバーとして、猪や鹿の猟に従事する顔も持つ。鳥獣被害に苦しむ津久井は、地区ごとにグループで罠や銃などで被害を防ぐ。城北・小松・中沢地区は、10数人で年間50頭以上の猪や鹿を捕獲。「我が地区の会員は連携が非常にとれていて、獲れた猪などの肉も均等に分け合っています。少しでも鳥獣の被害減少に貢献できれば」と願う。

 ○…「商工会の仲間は、今の経営者の方々の父親、祖父の時代からの付き合いです」。城山商工会には同会が設立された1966年から入会する。初代青年部長も務め、スタンプ会長には1996年から20年以上就くなど、商工会の発展に深く寄与してきた。「工業の発展が著しい城山ですが、我々商業、特に小売店が元気になれば地域発展につながると思うので、あと数年は頑張っていきたい」と話してくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

安藤 民世さん

行政相談委員として2020年度の総務大臣表彰を受賞した

安藤 民世さん

中央区陽光台在住 75歳

2月18日号

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

2月4日号

伊藤 孝久さん

今年度、市内で唯一文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

伊藤 孝久さん

橋本在住 69歳

1月28日号

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク