さがみはら緑区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市 「ロボのまち」世界へ発信 今秋、競演会に出展決定

社会

今年2月に市内介護施設で行われた生活支援ロボットの実証実験の様子
今年2月に市内介護施設で行われた生活支援ロボットの実証実験の様子
 10月17日(水)から21日(日)にかけて東京ビッグサイト(東京国際展示場/東京都江東区)で開催される「World Robot Summit2018」(WRS)で地域展示を行う自治体にこのほど、相模原市が採択された。これを機に市では、ロボット産業に関する取組みを世界に向けPRし、関連企業の誘致などにつなげていきたい考えだ。

 WRSは、経済産業省と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構主催のもと、世界のロボットの英知を集めて行う競演会。競技会と最新技術の展示を実施し、世界中から集ったロボット研究・開発者や政府・民間の要人が情報交換や将来像を議論し、今後の方向性を考えていく。

 2020年に愛知県と福島県を会場とした本大会が予定されており、今回はそれに向けたプレ大会としての位置づけとなる。今回は相模原市のほか神奈川県、愛知県、大阪府・大阪市、福島県、北九州市、千葉市が展示自治体に採択された。

 相模原市では高齢化や人口減少による産業人材不足の課題解決を模索する中で、市内に金属・機械加工や電子部品製造など工業系企業が集積していることに着目。ロボット産業と親和性があると見込み、13年度に関連の取組みに着手した。14年度に企業や研究機関、行政などからなる「さがみはらロボット協議会」を設立し、15年9月には西橋本に企業の産業用ロボ導入を支える「さがみはらロボット導入支援センター」を開設した。県が進める「さがみロボット産業特区」の対象区域でもあることから県と連携した取組みも行っている。

 10月の大会では、同センターの取組みや設置されている産業用ロボ、実施している企業向け研修などを紹介。加えて、トヨタ自動車が開発し介護福祉分野での活用が期待される生活支援ロボ「HSR」を用いて、福祉施設で実証実験をしている市内企業による「HSR社会実装研究会」の取組みや、市内のレジャー施設で行ったドローンを使った実験の様子などを映像やパネルで紹介する。

 市産業政策課では「本市の取組みを、国際的にロボットに関わる企業や団体、学術機関などいろいろな人に知ってもらい、『ロボットといえば相模原』と認知してもらいたい」と期待を込め、「ビジネスチャンスを求めて相模原に関連企業が集まり、市内事業所との連携が生まれれば」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

100mH 大会新で全中へ

相原中関口美桜さん

100mH 大会新で全中へ

7月19日号

全宅連会長に就任

地元不動産会社社長坂本久氏

全宅連会長に就任

7月19日号

「更なる発展」願い40年

城山商工会青年部

「更なる発展」願い40年

7月12日号

「住みよい町」進めた半世紀

相模原市自治会連合会

「住みよい町」進めた半世紀

7月5日号

カヌー世界大会に挑む

川尻出身2選手

カヌー世界大会に挑む

7月5日号

課題残るも「技術的に可能」

JR横浜線連続立体交差

課題残るも「技術的に可能」

6月28日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク