さがみはら緑区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した 杉山 愛莉さん 横須賀市在住 22歳

「完全燃焼」で次の舞台へ

 ○…「これだけ長い期間制作に充てられるのは一生のうちでこれが最後、くらいの気持ちで臨んだ。自分のために、好きなものを思いきり作りました」。本格的に着手した昨年6月から今年1月、提出期限直前まで生み出された総勢41体の猫たち。卒業制作「大猫行列」が第2回ギオン相模原大賞と卒業制作賞を受賞し、「このような評価をいただけるとは」と顔をほころばせた。

 ○…群馬県生まれの横須賀育ち。授業で虎のお面を作った小学生の頃から美術に関心があったが、吹奏楽に打ち込んだことで美術部に籍を置いたのは高校2年から。「遅れを取り戻すべく、どうしても出展したかった」県高校美術展で、初めて手掛けた立体作品が入賞。木の芯に新聞紙と粘土を重ねて作った羊が「造形の楽しさ」に目覚めさせた。女子美術大学への進学を希望した決め手は、様々な素材に触れられる点に加え、のどかな相模原キャンパスの環境。「自由にのびのび制作できて、居心地よさそう」と、一目ぼれだったという。

 ○…人ごみが苦手で、自然や動物を愛する。癒しは「緑」と「猫」。雨天の取材当日に持っていた傘には山がプリントされており、「森林浴が疑似体験できる」と目を細めた。自宅で飼うアメリカンショートヘアの「旬(しゅん)」については「家族全員で甘やかしています。デレデレですね」

 ○…「大猫行列」は江戸・妖怪といった自身の好きな世界観を猫で表現した、これまでの集大成。「完成した喜びより、燃え尽きた感が勝った」という作品は、2月に行われた東京五美術大学連合卒業・修了制作展でも大きな注目を浴びた。「SNSで実名が拡散されて、最初は怖かった。でも徐々に、それだけ多くの人に観てもらえたんだと実感しました」と微笑んだ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

土佐 誠さん

このほど三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンに就任した

土佐 誠さん

7月12日号

平本 稔さん

神奈川県猟友会津久井支部長として鳥獣被害軽減に努める

平本 稔さん

7月5日号

野崎 裕介さん

第4回山コン㏌藤野の実行委員長として地域貢献に取り組む

野崎 裕介さん

6月28日号

松田 善彦さん

相模湖交流センターの館長に新しく就任した

松田 善彦さん

6月21日号

池田 晴彦さん

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める

池田 晴彦さん

6月14日号

武野(むの) 脩(おさむ)さん

「60周年記念 二科神奈川支部展」の公募展で横浜市長賞を受賞した

武野(むの) 脩(おさむ)さん

6月7日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク