さがみはら緑区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める 中臺(なかだい) 博さん 南区下溝在住 66歳

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

食材でつなぐ優しき想い

 ○…作りすぎた野菜や果物、賞味期限間近の食品などの提供を呼びかけ、集まった食材を市内で活動するこども食堂などに無償で配布。子どもの居場所づくりを維持する役割を担いつつ、フードロスの削減にも貢献する。それが代表を務める会員制団体「フードコミュニティ」の主な仕事だ。昨年度は延べ28カ所のこども食堂運営団体に、およそ590人分の食材を提供。2016年秋、4人の友人らと設立した団体は、今や市内で欠かせない存在となっている。

 ○…40年勤め上げた大手電機メーカーを定年退職後、地域との接点がほとんどないことに気づく。「何か地域に貢献できることはないか」、そんな思いから市主催の「防災マイスター養成講座」に参加。その後も「地域活動実践講座」「地域プロデューサー講座」などを立て続けに受講した。団体メンバーは講座を通してできた仲間たち。「皆が共通して役に立てることを考えた結果が、今の活動だった」と笑う。

 ○…消防車が好きで、市内の消防署を巡っては新車がお目見えすると写真を撮り、ブログにアップしていた経歴も。「子どもみたいだよね」と苦笑い。また、昔から映画鑑賞が趣味だったが、最近は活動が忙しく、なかなか映画館に足を運べない。それでも「今の活動が趣味みたいなもの。喜ぶ顔を見られるだけで生活にハリがでます」。

 ○…市内のこども食堂運営団体は、年々広がりを見せつつある。ただ、相互交流がまだまだ足りないというのが実感だ。例えば食品の管理の仕方やアレルギー対策など、共通の課題への対処についても「間に入って各団体を繋ぐ役目も担いたい」と語る。今や、FacebookなどのSNSも積極的に活用中。「若い世代にも知ってもらい、活動を継いでほしいよね」

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

秋本 博寿さん

相原二本松商店街の会長に就任した

秋本 博寿さん

二本松在住 51歳

9月30日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

相原中学校在勤 43歳

9月16日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook