さがみはら緑区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

参加募集 ”宇宙が視点”から未来を語り合う しろやま宇宙対話を開催(年4回)

教育

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena
様々な工作体験も予定される
様々な工作体験も予定される

 「しろやま宇宙対話」が、7月から来年2月にかけて行われる。主催はNPО城山めいぷる、協力に城山公民館。7月から親子向けに開催される毎年人気の「相模原『宇宙の学校』inしろやま」を、大人向けにした新しい事業だ。相模原市地域活性化事業交付金の対象にもなっている。

 宇宙から地球をみるという視点から現在・未来のことを話し合う「しろやま宇宙対話」。宇宙にちなんだ話、現在から未来に向けたトピックスを題材とした対話(ダイアローグ)、少し懐かしい手作りの工作を行う予定。社会・SNSやICTが急速に発展する現代において、時間的にも、空間的にも大きなスケールで考える。

宇宙科学研究所を見学

 第1回は7月27日(金)、28日(土)(どちらかを選択)、宇宙科学研究所(中央区由野台3の1の1)の一般公開を見学に行く。第2回は10月28日(日)、午後2時から4時30分まで城山公民館で、お話「日本の宇宙開発」、対話「なぜ宇宙開発か?」、考える工作「長く飛ぶ紙飛行機」、第3回は12月23日(日)、午後2時から4時30分まで城山公民館で、お話「身近な宇宙」、対話「AI社会に向けて」、工作「ハンダ付け体験」、第4回は2月11日(月)、午後1時30分から4時30分までもみじホール城山で、お話「宇宙の誕生から…何がわからないのか」、対話「宇宙旅行ができたら」、工作「ロケットを作る」を行う予定となっている。

定員は先着順の25人

 参加費は保険代、資料代、工作器材費用を含めて年3000円。募集は中学生以上の相模原近隣の在住、在勤、在学者で、先着順の25人。参加希望者はEメールかFAXで、氏名、年齢、住所、連絡先(【FAX】、【電話】)、宇宙科学研究所見学の希望日を記入の上、申込みを。

 申込、詳細は、NPО城山めいぷる、【FAX】042・782・1051、【メール】info@maple-s.org、【電話】042・782・0303(火〜金の午前9時〜午後3時)。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

SC、歴史的一戦は黒星

サッカーJ2

SC、歴史的一戦は黒星 スポーツ

京都との開幕戦は0対2

3月4日号

初戦は甲府と「東海」対決

東海大相模

初戦は甲府と「東海」対決 スポーツ

春の選抜 対戦相手決定

3月4日号

市がコールセンター開設

コロナワクチン

市がコールセンター開設 社会

接種相談などに対応

3月4日号

「街かどコン」動画で配信

「街かどコン」動画で配信 文化

無料 地元音楽家が演奏

3月4日号

震災10年節目に図書寄贈

写真家江成常夫さん

震災10年節目に図書寄贈 文化

「風化させず後世に伝える」

3月4日号

発達障害知って

発達障害知って 社会

市図書館が啓発

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク