さがみはら緑区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

相模湖交流センターの館長に新しく就任した 松田 善彦さん 八王子市在住 60歳

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

相模湖を音楽の街に

 ○…6月1日付で相模湖交流センターの新館長に就任した。5月まではレコード会社に勤務。プロデューサーとして、数多くの作品を手掛けてきた。「都心から1時間の場所に、これだけ音響設備の整った場所は見当たりません。音楽家の中では有名なのですよ」と話すホールには、録音の際によく訪れ、その縁で秋山前館長から直々に依頼され、大役を引き受けた。「ここは、舞台やホールが可動式なため、音楽家の意向に沿った録音が可能です。そのメリットを活かした催しを企画していきたい」と話す。

 ○…音楽大学卒業後、制作側からの立場で音楽を勉強するため、ウィーン国立音楽大学に留学した。「留学時に知り合った音楽家が、今は世界各国の一線で活躍しています。その人脈は私の宝です」と振り返る。帰国後は、主にクラシックを手掛け、日本を代表する指揮者・朝比奈隆氏の作品などをプロデュースしてきた。「録音でよく利用したこのホールで働くことに縁を感じます。私の経験を地域に還元できるようにしていきたい」

 ○…「芸術に関して同じ空気感を持つ」と話す奥様との2人暮らし。今でもよく、美術館など芸術鑑賞に一緒に出掛ける。中でもお気に入りなのが浮世絵や版画を始めとする江戸文化。「日本文化は、世界に通ずる素晴らしいもの。音楽の世界に参考になるものも多いですね」と紹介する。

 ○…「良いホールは、素晴らしい楽器の一つに成りえます」。今後は、演奏家を中央に、観客が周りを取り囲むサロンコンサート風な新しい企画も模索。併せて、都心と同様のコンサートをよりリーズナブルに企画していく予定だ。「相模湖に音楽文化を根付かせる」という大きな目標を持ち、地域の芸術文化の先導役を担っていく。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

北川 智子さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙教育センター長に4月1日付で就任した

北川 智子さん

中央区淵野辺在住 42歳

5月26日号

西 康夫さん

「相模原のカザグルマを守る会」の会長を務める

西 康夫さん

下九沢在住 69歳

5月19日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

中野在住 50歳

5月12日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月5日号

村山 武蔵さん

趣味のドラマ考察やマラソンなどの魅力をユーチューブで発信する

村山 武蔵さん

東京都在住 46歳

5月5日号

宮本 諒子さん

モーニング津久井。のメンバーで相模原市観光親善大使として活動する

宮本 諒子さん

町屋在住 32歳

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook