さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 新生児期から保湿を 新百合ヶ丘総合病院

小児科医長安原理恵子医師
小児科医長安原理恵子医師

 食物アレルギーを発症する患者さんの数は年々増加しています。卵、乳、小麦が3大原因ですが、最近の研究で、乳児期のアトピー性皮膚炎の発症が卵アレルギーの発症と関連することが確認されました。アトピー性皮膚炎など湿疹のある肌では、免疫細胞がアレルゲンを取り込んでしまい、免疫反応が起こります。これを経皮感作と言います。この状態が続くことでアレルギーを発症すると言われています。

 そして同時に、新生児期からの保湿剤塗布により、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上も低下することもわかっています。新生児期から保湿を継続して行い、親子のスキンシップを育みながら、皮膚バリアを補強してあげることでアトピー性皮膚炎、そして食物アレルギーの発症も予防することができるのです。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

春彼岸、永代供養墓の完成見学会

春本番「桜スペシャル」

3月21日(木)から4月21日(日)まで 限定販売

春本番「桜スペシャル」

3月21日号

合同就職説明会を開催

中央区・緑区7介護施設で募集

合同就職説明会を開催

3月14日号

春のおでかけガイド

口腔がん、早期発見が治癒のカギ

医療法人社団 緑相会『エムズ歯科コピオ』

口腔がん、早期発見が治癒のカギ

3月7日号

ふとんなら「寝具のイノクマ」

創業50年の実績 保存版

ふとんなら「寝具のイノクマ」

3月7日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク