さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

地元不動産会社社長坂本久氏 全宅連会長に就任 神奈川選出では初

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
本紙のインタビューに応じる坂本氏=7月5日
本紙のインタビューに応じる坂本氏=7月5日

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)の2018年度通常総会が6月28日に東京都内のホテルで開かれ、総会後に行われた任期満了に伴う会長選で、中央区中央の山久建設不動産社長で(公社)神奈川県宅地建物取引業協会会長の坂本久氏が、新会長に選任された。任期は2年。神奈川選出の全宅連会長就任は初めて。

 全宅連は1967年に設立した、全国47都道府県にある宅建協会の全国組織。宅建協会傘下の会員事業者数は約10万事業者で、全国の不動産業者の約80%が会員となっている、国内最大の組織とされる。

 会長選は通常総会後の理事会で実施され、理事による投票の結果、坂本氏の選任が決まった。第8代の会長となる。坂本氏は今回が初出馬での選任で、神奈川選出としても初めての会長就任となった。

 坂本氏は現在69歳。2006年から県宅建協会相模北支部支部長を4期8年にわたって務めた後、14年に県宅建協会会長に就任。今年で3期目。これまで試験協力機関として県から推薦されたのを受けて、同協会主催では初となる宅地建物取引士資格試験の実施などに尽力した。

 就任を受け、本紙の取材に応じた坂本氏は「5期10年を務めた前会長の後任ということで身の引き締まる思い」と心境を語った上で、昨年、全宅連が創立50周年の節目を迎えたのを踏まえ、「次なる50年に向けた使命として力強い全宅連にし、消費者を笑顔にする。それにはまず、会員を笑顔にしたい」と抱負を述べた。会長就任にあたっては「地域」をキーワードに据えた事業展開を図る考えを示唆。とりわけ、空き家問題について積極的に取り組む考えを強調した上で、「地域活性化、中でも(全宅連をはじめとしたハトマークグループが掲げる)地域のために寄り添い、生活のサポートパートナーとなることをめざしたい」と意気込みを見せた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「緑のラブレター」を点灯

藤野商工会青年部

「緑のラブレター」を点灯 経済

3月 45周年事業の一環で

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク