さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

今年6月に麻布大学いのちの博物館(淵野辺)の館長に就任した 川上 泰さん 伊勢原市在住 56歳

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

地域と大学繋ぐ「架け橋」へ

 ○…「学術的価値の高い標本が多く揃い、獣医学から始まった本学の特徴が良く表れていると思います」。今年6月から館長を務める「いのちの博物館」はお気に入りの場所だ。博物館の役割は大学が積み重ねてきた研究成果の継承。そして、地域の人々に足を運んでもらい大学の魅力を発信する「顔」としての役割も担う。「麻布大学の特徴を理解してもらうため、より多くの人に来場してもらいたい」

 ○…自身も同大学の卒業生。保健衛生分野に興味を抱き進学するも、3年時に所属したのは「寄生虫」などが専門の研究室。思わぬ分野だったが、熱心な先輩らに導かれ研究に没頭。研究用のねずみを確保するため、朝6時から津久井の山に分け入ることもあった。卒業後は同大学で研究職の道へ。大所帯の研究室を統括しながら、11年前から学長補佐の職に就き、国が定める認証評価への対応に奔走した。「少子化の中で、選ばれる大学になるためには何が必要かを問いながら仕事をしてきた。その経験を博物館でも生かしていきたい」

 ○…講義に博物館の仕事、さらには学生の就職相談までスケジュール帳はすぐに埋まる。隙間を縫っての息抜きは、仕事を兼ねての国内旅行。「この前は沖縄に行きましたが、台風で何もできなかった。早くリベンジがしたいですね」と、次なる「隙間」を探す日々だ。

 ○…博物館ではこれまで趣向を凝らした企画展示に加え、子ども向けのイベントを積極的に開催してきた。普段の生活では触れることのない動物の生態を学び「いのち」の大切さ、自らも熱中した学問の奥深さを伝える。「将来的には博物館に来ていた子どもが、麻布大学に入学してくれたら良いですね」。地域と大学をつなぐ「架け橋」へ博物館を育てていく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

三樹 三一(みつかず)さん

ボランティア団体「三太の里共和国」の第6代大統領を務める

三樹 三一(みつかず)さん

三ヶ木在住 70歳

5月23日号

大塚 恵美さん

ピアニストで、5月23日に初めてのミニアルバムをリリースする

大塚 恵美さん

中央区矢部在住 29歳

5月16日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

中央区富士見在住 55歳

4月25日号

田中 裕二さん

4月から市青年工業経営研究会(青工研)の2019年度会長を務める

田中 裕二さん

中央区小町通在住 41歳

4月18日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季SC相模原に入団した

稲本 潤一さん

中央区在住 39歳

4月11日号

市丸 克己さん

相模原市青少年指導員を務め、4月で20年目を迎え、現在は会長としても活動する

市丸 克己さん

中央区上溝在住 67歳

4月4日号

渡辺 真維さん

LGBTs支援団体「からふるテラス」を設立した

渡辺 真維さん

相模原市在住 33歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク