さがみはら緑区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

トレーナー久保田さん ロシアW杯に帯同 選手と共に戦った47日間

スポーツ

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
選手からスタッフにプレゼントされたユニフォームを持つ久保田さん
選手からスタッフにプレゼントされたユニフォームを持つ久保田さん

 2018FIFAワールドカップロシア(以下W杯)で熱戦を演じたサッカー日本代表に帯同し、選手の活躍を支えた「トレーナー」。その中の1人が、市内南区で接骨院を営む、久保田武晴さん(50)だ。

 久保田さんはJリーグのチームでトレーナーとして経験を積み、ブラジルW杯後の2014年9月、当時のハビエル・アギーレ監督体制発足時に初めて代表チームに帯同した。

 その後の監督交代後も定期的に招集を受けてきた久保田さんは、「トレーナーとして若い頃から目標としていた」というW杯の舞台へ。国内合宿が始まる5月20日から、ロシアから帰国する7月5日まで、47日間を選手と共にした。

 「選手のW杯にかける想いの大きさを、あらためて感じた。それまでの遠征、大会とは全く違う経験だった」。怪我明けの乾貴士選手、岡崎慎司選手らの身体のケアには特に気を使い、最終的にメンバーが確定した初戦のコロンビア戦前日までは「精神的にもかなり疲弊した」と久保田さんは話す。

 本大会が始まると、日本代表は下馬評を覆す快進撃を見せた。決勝トーナメント進出が決まったポーランド戦後には、ベスト8へ向け「奇跡を起こそう」とさらに結束が深まっていったという。

 そして迎えたベルギー戦、日本は死力を尽くした末に敗戦となった。「本当にいいチームだったので寂しさがこみ上げると共に、『やることは全て出し切った』という感覚だった」。トレーナーとして選手一人ひとりが背負う物語に向き合う日々は、「単に『楽しかった』と表現することはできないが、濃密な経験だった」と振り返る。

 今後の代表チームでの活動は未定だが「W杯での経験を後進に伝えていきたい。そして、目の前の患者である地域のアスリート達の治療に尽力することが自分の役目」と久保田さんは話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「緑のラブレター」を点灯

藤野商工会青年部

「緑のラブレター」を点灯 経済

3月 45周年事業の一環で

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク