さがみはら緑区版 掲載号:2018年9月20日号
  • LINE
  • hatena

市内小学校 パラスポの認知度拡大へ 五輪も視野に体験会続々

スポーツ

車いすバスケットボールに取り組む上南小児童=13日
車いすバスケットボールに取り組む上南小児童=13日

 障害がある人が行うスポーツ・パラスポーツの認知度拡大を目的に、相模原市では市内小学校を対象に選手を招いての車いすバスケットボールの体験会を展開している。9月13日には上溝南小学校(中央区)で開催。今後も会を拡大させていく方針で、子どもたちの関心を高めつつ、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて機運の醸成を図る考えだ。

 この取り組みは小学校の総合学習での「福祉」をテーマとした授業の一環。パラスポーツを通じて福祉に関する理解を深めるとともに、パラリンピック競技への関心とスポーツの多様性について理解を深めるのがねらいだ。今年度中に市内の小学校5校で開催する予定になっている。

 体験会の開催をめぐっては、車いすバスケットボールチームに所属し3年半のプレー歴を持つ市内緑区役所職員・熊谷昌飛さん(29)が他チームの選手が川崎市などで体験会を行っていたのを知り、市でもパラスポーツの振興につなげようと開催を発案。東京五輪でブラジル選手団の事前キャンプを受け入れることが決まっていることから、機運の醸成を図りたい市の方針と合致し、体験会が実現した。

 鶴の台小(南区)に引き続き、2回目の開催となった13日の体験会には同校の4年生147人が参加した。熊谷さんを含む4人の選手が実際に車いすでドリブルやシュートを披露した後、子どもたちや教職員が乗車体験した。

中学生にも拡大

 同校の児童たちは下半身の自由が利かない状態に戸惑いながらも、楽しそうに取り組んでいた。熊谷さんは「障害がある、ないにかかわらず共に暮らしていることを理解してくれたら。パラスポーツへの関心が高まれば競技人口も増え、パラリンピックが盛り上がると思う」と話し、期待感を示した。

 市は10月22日から25日に行われる小学校連合運動会にもパラスポーツ選手を招き実演などを行うほか、来年度はオリンピック選手による講演を増やす計画を検討中。体験会も中学校にまで対象を広げる構えで、事業を通じて東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、さらに機運を高めていく。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

咢堂桜、百年振りに米国へ

尾崎行雄を発信する会

咢堂桜、百年振りに米国へ

3月21日号

まちの魅力、HPで発信

若葉台住宅を考える会

まちの魅力、HPで発信

3月21日号

官民で機運醸成強まる

五輪自転車ロードレース

官民で機運醸成強まる

3月14日号

避難者、市内に311人

東日本大震災

避難者、市内に311人

3月14日号

ホタル生息の保全区域に

たすきの会活動エリア

ホタル生息の保全区域に

3月7日号

夜間中学新設へ市内活性

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク