さがみはら緑区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

相模原市が今年から実施する車いすバスケの体験会を発案し、選手として参加する 熊谷 昌飛(まさと)さん 西橋本在住 29歳

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい「同じだよ」の想い

 ○…「予想以上に楽しんでくれてますね」。2つの小学校で実施した車いすバスケの体験会を終え、確かな手応えを感じる。最初は車いすを怖がり参加をためらう児童もいるが、一緒にボールを追いかければ競技の魅力に気づき笑みが弾ける。2限分の時間を費やすことが多いが「足らないくらいですね」と笑顔を見せる。

 ○…「遊びと言えばスポーツ」。運動好きで活発な青年だった。それが、23歳の時、仕事中に高所から落下し脊椎を損傷。医師から告げられた「歩行困難」の4文字に言葉を失い、涙が流れた。それからは自らの障害と向き合えず心を閉ざす。リハビリでも心中は「帰りたい」で支配される日々が続いた。ただ、時間の流れか、3年ほど経つと心はほぐれ、新たな一歩を踏み出すことを決意。まずは仕事。学生時代に取組んだ公務員試験に再び着手し、猛勉強の末に市役所への就職が決まると、「できること」を考えるように。運動への意欲も沸き、入庁後に市内のチームに入団し、週に3日は汗を流す。

 ○…やりがいを感じる仕事に、達成感が得られるバスケと、充実した日々を過ごす。それも付き合って1年半になる彼女の存在が大きい。「できない事を打ち明けるのは勇気がいるけど、彼女なら気兼ねなく言える」。信頼できる相手に感謝の気持ちは言い尽くせない。

 ○…コートに入れば、健常者と障害者の線引きは薄れる。同じ目線に立ち、同じゴールをめざすことでそれは子どもたちの心に刻まれる。「ふれあうことで人は変わる」。体験会で確信した。今年度は数校での実施だが、次年度は約40校で予定され、全ての体験会への参加を目標とする。できない事はあるが、障害の有無で人の存在は変わらない。「同じだよ」。そう、子どもたちに伝えていく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

久田 美菜子さん

矢部で子育て支援とマッサージを兼ねる店舗を経営する傍ら、矢部マップを作製した

久田 美菜子さん

八王子市在住 41歳

12月2日号

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook