さがみはら緑区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

第4回つくい湖湖上祭の実行委員長として祭りを先導する 高橋 研吾さん 牧野在住 38歳

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

「区民祭りとして定着を」

 ○…11月18日(日)、午前10時から午後6時まで、津久井湖城山公園水の苑地で開催される「つくい湖湖上祭」。メインとなる花火は、午後5時35分から1500発が打ち上げられる。「将来的には5000発を目指したい」と話すが、打ち上げにかかる費用はほとんどが地元企業からの寄付によるものだ。感動的な音楽をバックに流しながら、花火を打ち上げるスタイルが浸透してきた。「初冬の津久井の山々を背景に、打ち上がる花火は幻想的なので、ぜひ来場を」と呼びかける。

 ○…「8月のさがみ湖湖上祭に並ぶイベントに成長させ、緑区を代表する祭りにしたい」と4年前に始められた祭りも、開催までちょうど1カ月。6月から十数回と会合を重ねて準備を進めてきた。「9部会が各々目標を持って動いてくれている」と感謝を示す。今年は「子どもからお年寄りまで楽しめるイベントに」と、建築や消防など職業体験ができるブースのほか、地元飲食店や地場産の特産品が多数設置される。「”津久井”の名を目にする機会が少なくなり寂しさを感じる。イベントを通じて、その名を少しでも残したい」

 ○…藤野生まれの藤野育ち。両親と妻、1男2女に恵まれ、父親が経営する(株)高橋林業に勤務する。「昔より津久井の山はかなり整備されてきた。山と湖は連動しており、山林の整備は水源地に暮らす我々の役目」と地元への強い思いを話す。

 ○…「世代間交流だけでなく、障害者とも交流できるイベントにしたかった」と、祭りの中で津久井JCの事業として、パラリンピックの競技にもなる障害者スポーツ『ボッチャ』の体験会なども行う。「将来の津久井地域の担い手である子どもたちに、共生する社会を体験してもらえたら嬉しい」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

鈴木 英之さん

10月1日付で相模原市教育委員会教育長に就任した

鈴木 英之さん

中央区陽光台在住 60歳

10月17日号

筒井 健さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

筒井 健さん

橋本台在住 59歳

10月10日号

山崎 和樹さん

第5回つくい湖湖上祭の実行委員長としてイベントを先導する

山崎 和樹さん

日連在住 38歳

10月3日号

細田 稔さん

このほど相模原市医師会の会長に就任した

細田 稔さん

大和市在住 65歳

9月26日号

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

野村 邦丸さん

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている

野村 邦丸さん

中央区在住 62歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク