さがみはら緑区版 掲載号:2018年12月13日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

下肢静脈瘤 週3日体制で診療「足のむくみ外来」 ニーズに応え、早期発見へ

 ”足のむくみ”に潜む疾患で、日本人の約1割が潜在患者と言われる「下肢静脈瘤」。『かぬまだいけやきクリニック』(鹿沼台2の18の6の3階)では、あらゆるニーズに応え、早期発見・治療につなげるべく週3日体制で専門外来を設けている。

 下肢静脈瘤は放置すると血管がコブ(瘤)のように膨らみ、皮膚病変など様々な症状を起こすことから早期発見が重要視されている。同院では専門に「足のむくみ外来」を設置。専門医が先進的高周波治療装置(ラジオ波)による血管内焼灼術やストリッピング術、硬化療法など様々な日帰り手術(保険診療)に対応する。

 担当の大久保博世医師は「低侵襲治療である下肢静脈瘤血管内焼灼術など身体への負担が少ない治療法をお勧めします。安心して受診におこし下さい」と呼びかける。外来は毎週金曜(午前)、土曜(午前午後)および第1・3・5 火曜(午後)。予約優先。詳細は【電話】を。

かぬまだいけやきクリニック

〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-18-6 大谷第1ビル3F

TEL:042-707-0426

http://kanumadaikeyaki-clinic.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

春彼岸、永代供養墓の完成見学会

春本番「桜スペシャル」

3月21日(木)から4月21日(日)まで 限定販売

春本番「桜スペシャル」

3月21日号

合同就職説明会を開催

中央区・緑区7介護施設で募集

合同就職説明会を開催

3月14日号

春のおでかけガイド

口腔がん、早期発見が治癒のカギ

医療法人社団 緑相会『エムズ歯科コピオ』

口腔がん、早期発見が治癒のカギ

3月7日号

ふとんなら「寝具のイノクマ」

創業50年の実績 保存版

ふとんなら「寝具のイノクマ」

3月7日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク