さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

(PR)

相模原協同病院医療レポート 多岐にわたる皮膚疾患に対応 「慎重な診断・説明・治療」を心掛ける

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

 相模原協同病院(相模原市緑区橋本/高野靖悟病院長)は、神奈川県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担う。

 同院皮膚科は常勤医体制となり今年で3年目を迎える。昨年度からは免疫・アレルギーを主に、皮膚科疾患全般の診療を専門とする西盛信幸医師が医長として就任した。

 同科では、接触皮膚炎などの炎症性疾患、白癬、ざ瘡、蜂窩織炎、帯状疱疹といった感染症、粉瘤・脂肪腫などの良性腫瘍、日光角化症・基底細胞癌・悪性黒色腫の悪性腫瘍のほか水疱症、乾癬、アトピー性皮膚炎などの難治性疾患まで多岐にわたる疾患を扱っている。

 西盛医長は、「冬から春にかけ皮脂欠乏性湿疹やアトピー性皮膚炎が悪化しやすく、また短い日照時間により尋常性乾癬も悪化しやすい傾向にある。特に高齢者は肌の乾燥が悪化し、掻痒や湿疹を訴える方が多くなる」と話す。そして、「教科書に1千以上の病名が記される皮膚科疾患の診療は医師の即座の判断が必要な分野。患者さん一人ひとりに慎重な診断・説明・治療を心掛けていきたい。また近年の皮膚科学は免疫・アレルギー学の進歩により大きく変貌しているが、医療情報や新規治療なども提供できるように努め、今後も地域の皮膚科の中心となるよう体制づくりを行なっていきたい」と抱負を語った。

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

「夏の思い出2020」

「夏の思い出2020」

コロナに負けず 夏を楽しめるスロット店

8月13日号

「黄金大仏」が開眼

川崎霊園を見守る大仏像”お色直し”

「黄金大仏」が開眼

金箔5万枚の輝き 拝観無料

8月13日号

「尿路結石って聞いたことありますか」

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

「尿路結石って聞いたことありますか」

三成会 新百合ヶ丘総合病院

8月13日号

地域を「花」で明るく

ドキわくランド橋本店

地域を「花」で明るく

コロナ禍で奮闘 店外ガーデニングを設置

8月6日号

森の中での音楽鑑賞

津久井湖城山公園

森の中での音楽鑑賞

8月22日 夜の森コンサート

7月30日号

水槽工場がアクリルカバー

新型コロナウイルス関連情報

水槽工場がアクリルカバー

加工技術を活用 見栄えと頑丈さが自慢

7月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク