さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した 三浦 文丈(ふみたけ)さん 横浜市在住 48歳

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

新生SCで礎築く

 ○…近年、下位に低迷するクラブの再建を託された。コーチ、監督含む指導者としてのキャリアは12年。その経験を生かし、SCでは選手とのコミュニケーションに重きを置く指導を心掛けている。「言葉が考えを伝える一番の手段。ただ、指導に正解はないので試行錯誤の日々です」

 ○…静岡県出身。名門の清水市立商業高校を卒業後、筑波大学を経て当時の横浜マリノスでプロデビュー。元日本代表の井原正巳氏とは公私共に親交を深め、プロの世界の厳しさを教わった。FC東京に移籍後、36歳でコーチに転身すると、その後、監督としてAC長野パルセイロやアルビレックス新潟を指揮。昨年末に高校・大学の後輩であるSCの望月重良代表からオファーを受け、「SC独自のスタイルを一緒に作り上げたい」という思いに共鳴し、大役を引き受けた。

 ○…相模原には選手時代にスクールやイベントで何度か訪れた。「たくさんの人に集まって頂き、サッカーへの関心が高い地域という印象」。SCの新体制発表会に駆け付けたサポーターの姿を見た今もその印象は変わらない。指導者として指揮にあたる一方、読書家の一面も。小学生の頃から歴史が好きで、現在は時代劇シリーズを愛読。「必ずチャンバラがあり勝敗がつくところが面白い」と白い歯をこぼす。

 ○…2度の監督時代は自身が納得いく結果を出すことができず。悔しさが残り、「今度こそは」という気持ちが強い。今季のSCは選手の3分の2を新メンバーに刷新。一からチームを作る上で、「ボールを保持する時間を長くして支配率を高め、得点のチャンスを増やしていきたい」と意気込む。そのチームスタイルを今後のクラブの礎に―。新生SCで新たな挑戦が始まる。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

筒井 健さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

筒井 健さん

橋本台在住 59歳

10月10日号

山崎 和樹さん

第5回つくい湖湖上祭の実行委員長としてイベントを先導する

山崎 和樹さん

日連在住 38歳

10月3日号

細田 稔さん

このほど相模原市医師会の会長に就任した

細田 稔さん

大和市在住 65歳

9月26日号

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

野村 邦丸さん

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている

野村 邦丸さん

中央区在住 62歳

8月29日号

中村 好孝さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

中村 好孝さん

南区相模大野在住 48歳

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク