さがみはら緑区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

公示地価 3区で上昇幅拡大 バス圏にも波及効果

経済

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
商業地で昨年に続き最も高い上昇幅となった橋本2丁目付近
商業地で昨年に続き最も高い上昇幅となった橋本2丁目付近

 国土交通省が3月19日に発表した2019年の公示地価は、市内3区全てで住宅地、商業地とも上昇幅の拡大となった。橋本地区だけでなく、市全体でも上昇している点が特徴で、駅前や駅徒歩圏などの主要地点を中心に、環境良好な周辺地域にも地価上昇が波及する結果となった。

 市内住宅地の上昇率は、緑区は2・1%(昨年1・4%)、中央区は0・6%(同0・2%)、南区は1・2%(同0・8%)。市内住宅地継続96地点(昨年98地点)のうち、上昇地点が60%(同45%)、横ばい地点が26%(同40%)、下落地点が14%(同15%)となった。今回の全市的な上昇傾向について「駅中心だった地価上昇が、波及効果で広がりをみせ、横ばいから上昇に転じる地域が増えた」と分析するのは南区に事務所を置く不動産鑑定士の諸田浩之氏(やまゆり不動産鑑定事務所)。「小田急線、横浜線ともに駅から離れるバス圏の地域でも、環境が良好な住宅地では上昇地点が多い」と話す。

 一方、商業地の上昇率は、緑区は3・7%(同3・3%)、中央区は1・2%(同0・4%)、南区は1・9%(同1・0%)。3区とも昨年より上昇幅が拡大した。諸田氏は「金融緩和を背景に個人向け投資物件の動きが活発となった。橋本地区はもとより、中央・南区でも投資適格性の高い物件への需要を中心に上昇率が拡大。橋本以外では、町田駅・相模大野駅周辺で比較的高い上昇が見られた。一方、相模大野の核テナントである伊勢丹撤退の報道もあり、コリドー通りの地点は横ばいだった」と話す。

個別では橋本地区が住宅・商業とも上位

 住宅地の個別地点を見ると、上位3カ所は橋本1丁目・6丁目・4丁目と橋本地区が占め、各々約8ポイント上昇した。橋本地区は、ターミナル駅としての立地の良さや商圏の充実に加え、リニア駅設置など、将来への発展的期待感により橋本駅の北口、南口とも高い上昇率となった。この傾向は、リニア駅決定後から、数年続いており今年も続く結果となった。

 商業地の個別地点でも上位3カ所は橋本地区が占めた。中でもリニアによる再開発が予定される橋本2丁目10の24地点は、昨年に続き最も高い上昇率となり、11・0%(同10・9%)の上昇となった。リニア駅設置により再開発が進む橋本駅南口が、その期待値から高い上昇率となった。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市内2イベント中止へ

市内2イベント中止へ 文化

五輪で警備体制整わず

1月23日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 政治

1月9日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク