さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

地域経済の一翼担うクラブに 守成クラブ・かながわ橋本会場 山口さゆみ代表に聞く

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
山口さゆみ氏…守成クラブ「かながわ橋本」会場代表。2001年、橋本に光触媒の開発・製造・販売・施工を手がける(株)オペスを設立。代表取締役を務める。緑区橋本出身
山口さゆみ氏…守成クラブ「かながわ橋本」会場代表。2001年、橋本に光触媒の開発・製造・販売・施工を手がける(株)オペスを設立。代表取締役を務める。緑区橋本出身

 『守成クラブ』は、自社PR・相互実利を目的に2002年、札幌で創設された(株)日本商工振興会が運営する全国規模の組織。その構成人員は、地域経済を担う中小企業の経営者たちだ。昨年12月、全国150番目、県内5番目の例会場として「かながわ橋本」会場が誕生した。同会場の代表を務める山口さゆみ氏(62)=(株)オペス代表=に思いを聞いた。

 ―まず、守成クラブの理念を教えてください。

 「『創業は易し守成なり難し』。私たちの生活基盤である、かけがえのない会社を守り抜くため、マーケット拡大による“商売繁盛”を前面に打ち出しています」

 ―具体的にどのような活動をするのですか。

 「月に1度、会員制の異業種商談会『仕事バンバンプラザ』(例会)を開催します。これはセミナーや単なる親睦会ではなく名刺交換会・車座商談会・商談懇親会を通じ、決済権のある経営者たちが本気で商談をする会です。入会するには会員の紹介が必要です。現在、全国に1万7千人、橋本会場に約60人の会員がいます」

 ―なぜ橋本会場を立ち上げたのですか。

 「私は30数年の地方公務員生活から製造業へ転身しましたが、大手メーカーとの競合から始まる商流に経営の厳しさを感じました。そんな時にお誘いを受け、経営や事業展開を見聞きし、このクラブの趣旨をこれからの経営者に知ってもらいたいと強く感じました。リニア新駅にも関わり変貌する故郷に経済で貢献したいと、女性経営者5人で新会場を立ち上げました」

 ―今後の展望は。

 「5カ月間のクラブ内商談で800万円以上の実績が報告されています。地元大学との産学連携のお話もあります。世話人とともに、会員企業の売り上げがマッチングにより高まる会場運営を目指します」

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

地元企業が音楽フェス

地元企業が音楽フェス 文化

6月16日 大沢中学校で

6月13日号

平成の小倉橋集まれ

平成の小倉橋集まれ 文化

9月6日まで 写真募集

6月13日号

小学校で交通安全指導

小学校で交通安全指導 社会

津久井交通安全協会

6月13日号

民謡継承に意を新たに

民謡継承に意を新たに 文化

市民謡協会の定期総会

6月13日号

比ランカーに完勝

日本王者 中谷潤人選手

比ランカーに完勝 スポーツ

1RKO 世界戦に向け弾み

6月13日号

歌い継ごう懐メロを

「山ゆり会」 27周年歌謡祭

歌い継ごう懐メロを 文化

7月3日 サン・エールさがみはら

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク