さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

新たな時代「令和」が舞う 5月4日・5日 相模の大凧まつり

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
相模の大凧文化保存会のメンバーによって書き上げられた「令和」の大凧 =4月7日 相模の大凧センター
相模の大凧文化保存会のメンバーによって書き上げられた「令和」の大凧 =4月7日 相模の大凧センター

 相模原市の無形民俗文化財で、六大観光事業にも指定されている「相模の大凧まつり」が、5月4日(土)と5日(日)に相模川新磯地区河川敷(南区)の4会場で開催される。両日とも午前10時から午後4時まで。今年の題字は新元号の「令和」。主催する同まつり実行委員会(川崎喜代治委員長)では、「新たな時代の空に舞う、令和の姿を多くの方にご覧いただきたい」と話している。

 相模の大凧は、天保年間(1830年頃)から始まったとされ、190年近く受け継がれてきた相模原市の伝統行事。当初は個人的に子どもの誕生を祝って行われていたが、時代と共に地域的なものへと移り変わってきた。現在では約450人からなる「相模の大凧文化保存会」を中心に、地域の人々の努力で伝統文化が維持されている。

新時代を祝して

 まつりで揚げられる大凧の題字は、公募により毎年選出される。しかし今年は、改元と新天皇陛下の即位を祝うため、新元号とすることが同保存会によって決められていた。4月1日に新元号が発表されると、同会ではすぐに「令和」を凧字に起こし、市内各会場で題字書きを行った。4月7日に南区の相模の大凧センターで行われた作業には30人以上が参加。3時間ほどかけて、堂々とした「令和」が書き上げられた。

 題字といえば、記録に残る最も古いものは日清戦争に勝利した1895年の「祝勝」。そのほか東京五輪のあった1964年は「祝輪」、相模原市が政令指定都市になった2010年は「祝政」が書かれている。

100人がかりで

 まつりは例年通り、新戸(新戸スポーツ広場)、勝坂(同)、下磯部(磯部頭首工上流)、上磯部(三段の滝下広場)の4会場で開催。凧の大きさは会場によって異なり、最も大きいのが新戸の8間凧(14・5m四方)。重さ約950kg、引き綱の太さは直径3〜4cm、揚げるためには風速10〜12mの風と80人〜100人の人員が必要とされる。うまく揚がるかは当日の風と読み次第。その分、揚がった時には会場全体が歓声に包まれる。

無料巡回バス

 まつりの期間中はJR相模線相武台下駅から大凧会場を結ぶ無料巡回バスが、午前9時30分から約10分おきに運行される。イベントに関する問合せは相模原市コールセンター【電話】042・770・7777へ。下記QRコードからも情報を取得可。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

演奏動画を無料配信

相模湖交流センター

演奏動画を無料配信 文化

「音楽家の思いを知って」

7月2日号

開発のコンセプト策定

相模原駅北口まちづくり

開発のコンセプト策定 社会

にぎわい、魅力創出に重点

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

座間さんが大臣賞を受賞

消費者支援功労者表彰

座間さんが大臣賞を受賞 社会

市内初 37年間の活動評価

6月18日号

地域を花で元気に

津久井商工会青年部

地域を花で元気に 経済

「けいとう」6千軒に配布

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク