さがみはら緑区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

2万4千の鮎を放流 中道志川トラスト協会

文化

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
鮎の無事を願い放流した
鮎の無事を願い放流した

 中道志川トラスト協会(井上弘一会長)主催の道志川稚鮎の放流が5月19日、青野原オートキャンプ場横、鮎の碑前河原で行われた。

 中道志川トラスト協会では、かつて鮎の名産であった中道志川の風物詩の、鮎の遡上する風景の復活を図るため毎年、初夏のこの時期に稚鮎を放流している。併せて河川美化活動、川とのふれあい活動なども実施している。

 当日は、地元の小中学生や親子、近隣自治会員など約120人が参加。協会会員が手分けをして、15カ所に分かれて、約2万4000匹、200kgの稚鮎を放流した。子どもたちは「無事に戻ってきて」と願い、協会員の指導の下、嬉しそうに鮎を放していた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

市、コロナの相談窓口設置

市、コロナの相談窓口設置 社会

「疑い」ある人のみ

2月20日号

初めての搾乳に挑戦

初めての搾乳に挑戦 教育

青野原小で酪農体験授業

2月20日号

青根小学校で学習発表会

青根小学校で学習発表会 教育

3月で閉校 「地域に感謝」

2月20日号

自分の未来を考える講座

自分の未来を考える講座 社会

2月25日 ソレイユさがみ

2月20日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

介護の未来を考える

介護の未来を考える 社会

市長ら参加し懇話会

2月20日号

野外遊びで寒さも平気

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク