さがみはら緑区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

相模原市 「消防団協力」80事業所認定 担い手確保の一手に

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
消防団協力事業所の代表者ら=6月18日
消防団協力事業所の代表者ら=6月18日

 市は、市内80事業所を、積極的に消防団活動に協力している「消防団協力事業所」として認定し、6月18日に市消防指令センターで表示証を交付した。新規は3事業所。事業所側は地域貢献活動のPRに、市側にとっては消防団員の確保に繋げる一手となる。

 消防団は、市内在住・在勤の18歳以上の人で構成される地域の消防機関で、消火や救助、災害予防活動などを行う。市内には中央・南・北・津久井・相模湖・藤野の6方面隊があり、さらに分団・部と細分化される。団員は非常勤特別職の地方公務員という位置づけで、年齢層や職種は幅広い。市消防団の清水映彦団長は、「自分のまちを自分で守るということ。消防団は、形としては『公助』の活動ではあるが、『共助』の気持ちで従事している」と話す。

 市内の消防団員は6月1日現在で1495人。少子化や就業形態の変化などの影響から団員数は減少傾向にあり、市の条例で定める定数1710人に対して不足している。

 人員の確保を大きな課題とする市では、消防団活動への一層の理解と協力を得るため、「従業員が消防団員として3人以上入団している」「勤務時間中の消防団活動に便宜を図っている(出動容認や代休取得など)」「災害時に資機材など(発電機や重機、訓練用敷地など)の提供に協力している」などの事業所を「消防団協力事業所」として認定する制度を2009年度から実施している。

 認定期間は2年。前回17年は70事業所が認定された。今回の認定は、再申請77に、(株)エムズコーポレーション、(株)相模土建、Volkswagen相模原アベニュー(いずれも南区)の3社を加えた過去最多の80事業所。うち緑区内では32事業所が認定を受けている。

 認定された事業所は、表示証の社屋などへの掲示やホームページ・名刺などへの掲載を通じ、地域へ貢献している企業としてイメージアップを図ることができる。また15年度からは「総合評価方式」と「評価型競争入札」の市の2つの工事入札で、この認定が評価対象の一つとなっている。

 18日の交付式には37事業所が出席し、隠田展一副市長から証書を受け取った。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

目前の試合、プレーに全力

ノジマ相模原ライズ

目前の試合、プレーに全力 スポーツ

須永恭通ヘッドコーチに開幕直前インタビュー

8月22日号

東京五輪1年前イベント

東京五輪1年前イベント スポーツ

8月24日・25日 アリオ橋本で

8月22日号

市、基本計画の検討へ

「(仮称)新斎場」の整備事業

市、基本計画の検討へ 社会

8月22日号

地元企業で職場体験

地元企業で職場体験 教育

橋本倫理法人会が主催

8月22日号

古希・喜寿の記念に

古希・喜寿の記念に 社会

市内有志店が特価で撮影

8月22日号

「津久井の福祉に役立てて」

「津久井の福祉に役立てて」 文化

闘将皇が社協に寄付

8月22日号

終戦直後の咢堂を知る

終戦直後の咢堂を知る 教育

8月31日から 尾崎咢堂記念館

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク