さがみはら緑区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

一般社団法人 神奈川県歯科医師会の新たな会長となった 松井 克之さん 南区新磯野在住 64歳

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

地域を見つめ、会員支え

 ○…「地域を支え、地域に支えられる歯科医師会」を目指すことを公約に掲げ、神奈川県歯科医師会の会長予備選挙に立候補。大多数の支持を得て新会長に就任した。喫緊の課題とするのが、公益法人移行後の歯科医師会の基盤固め。さらには、県民の健康を考える上で必要な「歯科健診空白層」の解消や、歯科衛生士不足解消などにも取組む。「前任の会長が作ってくれた方向性を継続し、会員が入会してよかったと思える組織に取組んでいきたい」と意気込む。

 ○…滋賀県彦根市生まれ。読書が好きで、「高校受験の前日まで卒業アルバムを作っていられるほど、勉強が得意だった」と笑う。有名進学校に入学すると、大学入試を控えた3年生の1月に病気で入院。見舞いに来た友人の「医学部を受ける」との話に刺激を受け、急きょ自分も受験を決意した。さすがに「サクラサク」とはならなかったが、翌年には東京医科歯科大学歯学部に合格。「深く考えずに選んだ進路なんです」と苦笑する。

 ○…昭和59年、土地勘のなかった相模原市に「グリーンパーク歯科」を開設。50年以上にわたって地域の健康維持に務め、今では親子孫の三世代で通う患者さんも。また自身が若い頃に診察した幼児が成長し、歯科衛生士になり同院で働いているそうだ。現在18歳になる長女は、医学部か歯学部をめざし猛勉強中。「継いでくれたら嬉しいけど、本人次第かな」

 ○…県歯科医師会に加入する会員は現在約4000人。関連団体との連携や災害時のセーフティネット制度など、会員が安心して治療できる環境づくりが、地域の健康につながると考えている。「歯周病と全身の関係も含めて、歯科医師が病気予防で担えることも多いはず。ぜひ、かかりつけ歯科医を見つけてほしい」

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

黛 裕治さん

(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会会長に就任した

黛 裕治さん

中央区矢部在住 58歳

7月2日号

染谷 耕平さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)の第26代会長に就任した

染谷 耕平さん

町田市在住 43歳

6月25日号

鈴木 朝登(あさと)さん

男性で初めて第14代相模原市観光親善大使を務める

鈴木 朝登(あさと)さん

中央区淵野辺在住 19歳

6月18日号

加藤 修さん

公益社団法人宅地建物取引業協会相模北支部の支部長に就任した

加藤 修さん

中央区星が丘在住 55歳

6月11日号

原 和彦さん

相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月14日号

小泉 香央里さん

東京シティ・バレエ団に所属し、バレエダンサーとして活躍が期待される

小泉 香央里さん

橋本台在住 21歳

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク