さがみはら緑区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

地元出身飛込み坂井選手 東京五輪代表「第1号に」 リオの雪辱へ「メダルを」

スポーツ

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
笑顔でポーズを決める坂井選手(右)と寺内選手=ミキハウス提供
笑顔でポーズを決める坂井選手(右)と寺内選手=ミキハウス提供

 水泳の世界選手権が7月12日から20日にかけて韓国・光州で行われ、男子シンクロ飛板飛込み決勝で地元出身の坂井丞選手(26)と寺内健選手(38)組=ミキハウス=が7位となり、全競技を通じて初めての東京五輪代表に決まった。本紙取材に対し、坂井選手は「飛込みで日本人初のメダルを獲得したい」と誓った。

 坂井選手は南区相模大野出身。麻布大学附属渕野辺高校(現麻布大学附属高校)を卒業後、日本体育大学に進学し、2015年からミキハウスに所属している。

 予選を2位で通過した坂井選手・寺内選手組は、12組で争われる決勝に出場。全6回の演技中、1、2回目の得点こそ伸び悩んだが、坂井選手が「個人の演技では予選からノーミスだった」と話すように大きなミスをすることなく徐々に得点を伸ばして、日本水泳連盟が定める東京五輪日本代表の選考基準(決勝で8位以内)を満たした。坂井選手の五輪出場は前回のリオデジャネイロに続き2度目となる。

 東京五輪代表が内定し、「日本人第1号は誰もが手にできる称号ではないので二重に嬉しかった」と喜びを口にした坂井選手。決勝後すぐに妻と子どもとテレビ電話で話をして祝福の言葉をもらったといい、「たくさんの方々からお祝いのメッセージを頂き、改めてオリンピックを実感しました」と気を引き締めた。

 前回のリオ五輪では予選22位と悔しい結果に終わった坂井選手。市民に向け、「皆様の応援が韓国まで届きました。東京五輪では飛込みで日本人初のメダルを獲得したいと思います。益々の応援をお願いいたします」と呼びかけた。

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

統合前に「さよなら壁画」

相模原総合高校

統合前に「さよなら壁画」 教育

2023年度の再編 機に

11月11日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook