さがみはら緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

ノジマ相模原ライズ 目前の試合、プレーに全力 須永恭通ヘッドコーチに開幕直前インタビュー

スポーツ

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で質問に応じる須永ヘッドコーチ=17日
笑顔で質問に応じる須永ヘッドコーチ=17日

 アメリカンフットボールの日本最高峰・Xリーグが8月24日に開幕し、ノジマ相模原ライズは同日、強豪・パナソニックと初戦で激突する。今季はホーム・相模原ギオンスタジアムで1試合を予定。市民の注目も高まる中、須永恭通ヘッドコーチに今季の意気込みを聞いた。

 ――昨年の戦いをどう振り返りますか。

 昨年は新外国人の11ジミー・ロックレイがQB(クォーターバック)を務めるなど新しいチームづくりとなったが、彼はひたむきに頑張ってくれて、コーチや選手などチームの信頼を勝ち取ってくれたシーズンだった。今季は攻守にわたり、新加入の選手に期待感がある。この春は大一番のパールボウルの準決勝でIBМに敗れ、全員が悔しい思いをした。ただ、あそこはいろんなことを必死に積み上げてきた結果。良かった部分、足りなかった部分がわかって、皆すぐに前を向けた。

 ――チーム状態は。

 まず、選手の人数が増えた。新人、移籍選手ともかなりレベルの高い選手が加入してくれて、既存のベテラン選手たちとうまく融合してこれまで以上のチームになるのではないかと手ごたえがある。怖いのはけがだけ。スタミナ負けだとか、そういう心配、課題は選手の人数増加で、改善につながるものと思う。

 とにかく選手、コーチ、スタッフなど個々が昨季を超える役割を全うできるかどうか。チームとして日本一という目標がある中で、個の力がとても大事。元々まとまりがあるチームだから、各自で意識し合い、強い選手たちの集団になれば、それこそ最も強いチームになる。そこをめざしたい。

 ――選手の状況は。

 85八木雄平、ゼロックスから移籍の10加藤雄哉、41歳で復帰の80前田一之、リクシルから移籍の14西川大地、新人の23伊藤雅恭、2宮幸崇、26森本紘介、新人の29吉田光輝、32小林篤実、35佐々木大輔はレベルが高い。7リー・ハイタワー、36星野慶一郎、副将の5田中喜貴、主将でチームの中心・90伊倉良太、17小林貴紀、8有馬陸にも注目。特にロックレイの控え選手である小林の働きは十分、彼は遂行力があってとても楽しみだ。選手の底上げが上手くいき、段々チームの穴がなくなってきているのを感じる。それがチーム内の競争にもつながり、好循環が生まれている。心配なのは本当にけがだけだ。

 ――今季はどんな戦いを見せますか。

 平常心で戦うこと。特に変わったことをするのではなく、練習での最高のプレーをそのまま出し切りたい。自分たちで墓穴を掘るようなミスは犯さない、練習でのベストを出せれば大丈夫だと思う。それだけ期待感は強い。選手、コーチ、スタッフ、一生懸命にやる人間の集団になっていて、それがチーム全体の充実感につながっている。きっと、期待に応えられるような良いフットボールを見せられる。

 初戦のパナソニックは確かに大事だが、とにかく目の前の試合、目の前のプレーにどれだけ持てる力をぶつけられるか。そして、最終的に第4Qが終わって相手を上回っているかだ。

 ――ファンにひと言。

 今年は優秀な新人、コーチ、スタッフが多く加入し、既存選手たちと融合し楽しみなチームになった。いままで以上のフットボールを見せられる。ぜひスタジアムに来ていただき、応援してほしい。よろしくお願いします。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

意識的な行動が「可能性」を生む

SDGs特別座談会

意識的な行動が「可能性」を生む 社会

相模原JC宇田川理事長×さがまち学生

9月19日号

市民一つに、「まずは普及を」

インタビュー

市民一つに、「まずは普及を」 社会

市企画財政局 石井光行局長

9月19日号

不動産取引の無料相談会

不動産取引の無料相談会 社会

29日 宅建協会事務所

9月19日号

大相撲観戦券プレゼント

大相撲観戦券プレゼント スポーツ

3組6名様

9月19日号

8月豪雨、義援金受付

SIC、新棟竣工と20年祝う

SIC、新棟竣工と20年祝う 経済

「新産業実現へチャレンジ」

9月12日号

「酒蔵×学生」 梅酒が完成

「酒蔵×学生」 梅酒が完成 社会

14日から相模大野で販売

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク