さがみはら緑区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

市9月補正予算案 愛着醸成、SDGs推進へ 12億計上 市長公約を反映

社会

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

 本村賢太郎市長は8月20日、2019年度9月補正予算案を発表した。予算案には「シビックプライド」向上を目的とした事業費のほか、「持続可能な開発目標(SDGs)」推進のための経費、相模総合補給廠一部返還地の利用に関する関連費など、4月の市長選で示した公約にかかわる施策が多く盛り込まれている。

 9月補正予算案の一般会計総額は11億9900万円。今年度当初予算に肉付けされ、補正後の一般会計総額は3036億2500万円となる。

 主な歳出予算として、シビックプライド(都市に対する市民の誇り)向上事業に約1100万円を計上。市民や検討委員会での意見を踏まえ、来年度中を目途に市への誇りや愛着の醸成を図ることを目的とした「シビックプライド条例」を制定する。来年3月には市内でシンポジウムを開催するほか市の魅力を発信する「さがみはらファンサイト」を創設。サイト内では市民が参加できる「相模原検定(仮称)」の掲載などを予定している。

 国連が定めるSDGs推進に向けた事業にも注力。市職員を対象に、有識者による基礎知識や業務への生かし方に関する講座を開きSDGsへの理解を深めていくほか、市民に対して缶バッジやパネルなどを作成・配布し多くの人の目に留まるようイベントなどで啓発する。来年2月頃を目途に特設サイトも設け、市のSDGsの取り組みや活動に先進的な企業・団体などを今後紹介していく予定。これらのSDGs関連事業には約520万円が充てられる見込み。

 このほか、本村市長が見直しを表明している相模総合補給廠一部返還地のまちづくりのあり方や、補給廠共同使用区域でのスポーツ・レクリエーションゾーン(10ha)の整備事業費を計上。ヘイトスピーチ規制のための「人権に関する条例」制定に向けた調査費も盛り込まれた。補正予算案は、現在開催中の市議会9月定例会議で上程される。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「寄り添う」支援 国から表彰

くすのき広場

「寄り添う」支援 国から表彰 社会

地域ぐるみで6年目

2月27日号

「鯉のぼり」今年行わず終幕

「鯉のぼり」今年行わず終幕 文化

担い手不足など運営困難

2月27日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク