さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

相模原市 SDGs推進へ 研修強化 職員啓発で、普及後押し

文化

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
カードゲームでSDGsを学ぶ市職員
カードゲームでSDGsを学ぶ市職員

 SDGs(エスディジーズ)(国連で採択された持続可能な開発目標)の推進に向け、相模原市の関連事業が加速している。補正予算にも事業経費を初めて盛り込み、8月には市職員のSDGsに対する知識向上を目的に、外部講師を招いたワークショップ形式(体験型)の職員研修を初開催。市では今後も研修による職員啓発を全市的な普及の一歩に据える構えだ。

 相模原市は昨年1月の日本経済新聞によるSDGs先進度調査で、全国6位となり、首都圏では1位に。これを契機に市のSDGsに対する機運が一気に高まり、4月には、市長選での公約にSDGs推進を掲げていた本村賢太郎氏が新市長に就任。9月補正予算案に初めてSDGsに特化した予算を盛り込むなど、市のSDGs推進事業が盛り上がりを見せている。

 8月に行われた職員研修はSDGsへの理解を深めるとともに、市民への効果的な普及手法を検討することを目的に開催された。研修は本格的な推進には職員全員の理解が不可欠とする考えのもと、全職員を対象に参加を受付。部署や役職が異なる職員32人が参加し、循環型社会を疑似体験できる「うんこ先生と学ぶSDGs入門」というカードゲームゲームを通して理解を深めるワークショップ形式で行われた。

 ゲーム後、参加者からは、「SDGsの理念を楽しく学べるとても有意義なワークショップだった」、「今後、市民や子どもたちへのSDGsの普及に活用していきたい」といった声が聞かれた。

 主催した市企画政策課は、体験することによる理解の浸透に手応えを感じており、今後も対象者を入れ替えながら継続的に研修を実施する予定。研修を重ねながら、職員全員の意識啓発に努めたい考えだ。さらに、今回使用したカードゲームを市内の小中学校でも実施していきたい考えで、市民レベルでのSDGsの普及促進につなげていく。

 同課は「調査では6位と高評価だったが、実際にはまだまだ市全体の理解が十分でないと感じている。市民フォーラムの開催や祭りへのブース出展など様々な啓発活動に努め、まずはSDGsを知ってもらうことから始めたい」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

紅綬褒章を受章

二本松在住 吉川大地さん

紅綬褒章を受章 文化

人命を救助 県内唯一

11月21日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

世界的名将、施設に太鼓判

世界的名将、施設に太鼓判 スポーツ

市の五輪キャンプ地視察

11月14日号

「地域に感謝」の70年

相原小学校

「地域に感謝」の70年 教育

卒業生も演奏で節目祝う

11月14日号

映画と食で障害を考える

日連で イベント

映画と食で障害を考える 社会

福祉に携わる有志が企画

11月7日号

市とJAXAが連携協定

区内イベントにも影響

台風19号

区内イベントにも影響 社会

旧3町の祭りは中止に

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク