さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

SIC、新棟竣工と20年祝う 「新産業実現へチャレンジ」

経済

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
新棟入口でテープカットする橋元代表取締役(左から3番目)、本村賢太郎市長(同4番目)ら関係者=9月5日
新棟入口でテープカットする橋元代表取締役(左から3番目)、本村賢太郎市長(同4番目)ら関係者=9月5日

 創業・ベンチャー企業の支援に取り組む「(株)さがみはら産業創造センター(SIC)」(西橋本/橋元雅敏代表取締役)は9月5日、創立20周年の記念式典と、新築棟の竣工式を行った。

 同社は地域産業振興のため、新規事業創出や新分野進出を目指す企業などを支援する施設として、市と相模原商工会議所などの出資により1999年4月に設立された第三セクターの株式会社。西橋本(SIC─1、SIC─2)と中央区上溝(SIC─3)に保有する3施設126室で、創業初期から上場手前までの新規事業創出などを目指す事業者の入居を受け入れ、常駐する専門スタッフによる各企業への経営支援や研究開発、投資事業などのサポートを行っている。現在はこの3施設に約100社が入居する。

 より多くの事業者のニーズに対応するため同社では、2017年頃から新棟の計画に着手。西橋本のSIC─2に隣接して増築する形で、敷地内に建設を進めてきた。このほど新棟が竣工し、9月1日にオープンした。

 新棟の名称は「SIC─2 R&D Lab.」。鉄骨造6階建で延床2735・46平方メートル。ロボット・バイオをはじめとする成長産業分野で研究開発の事業化を目指す企業を対象に入居を受け付ける。市が運営委託する「さがみはらロボット導入支援センター」も入り、飲食店創業支援のための貸室も整備した。9月9日時点では全29室のうち22室が埋まっているという。

 記念式典はサン・エールさがみはらで行われ、市内外の企業関係者、来賓含め約220人が出席。橋元代表取締役は壇上で関係者への謝辞を述べ、「これからの20年に向け、諸先輩方の功績を胸に刻みつつ環境の変化と多様化する支援ニーズにお応えできるよう、さらなる支援力の向上に努めてまいりたい」とあいさつ。また、新棟については「特に若手スタッフと実際の入居企業様からいろいろな意見をいただき立ち上げた、まさにSICの象徴的な建物。ここ相模原から新産業の実現に向けてチャレンジしていきたい」と述べた。

 その後、新棟に移り関係者によるテープカットと内覧会が行われた。

研究開発型施設として建設された新棟
研究開発型施設として建設された新棟

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

「酒蔵×学生」 梅酒が完成

「酒蔵×学生」 梅酒が完成 社会

14日から相模大野で販売

9月12日号

ノジマ、敵地で逆転勝ち

ノジマ、敵地で逆転勝ち スポーツ

FW佐々木が決勝点

9月12日号

初開催で市をPR

初開催で市をPR 文化

地域連合主催の連絡会議

9月12日号

今年も城山で自転車レース

今年も城山で自転車レース スポーツ

登坂競技 参加者を募集

9月12日号

虐待防止へ対応強化

相模原市

虐待防止へ対応強化 社会

県警と全ての情報を共有

9月12日号

「最期」をどう過ごす?

「最期」をどう過ごす? 社会

30日 協同病院の市民講座

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク