さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

(PR)

カギは地方創生「社福の使命果たす」 市内最大級の社会福祉法人・相模福祉村

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
SDGsのバッジを胸に決意を述べる赤間理事長。「福祉の魅力も発信したい」
SDGsのバッジを胸に決意を述べる赤間理事長。「福祉の魅力も発信したい」

「地域貢献」と「弱者救済」

 SDGs達成のために大切なこと。赤間源太郎理事長は「地方創生」を一つのキーワードにあげる。「私たちの考える『地方創生』は社福としての使命を果たし、より良い地域社会づくりへとつなげること」。それが引いては世界の目標達成につながるものと考える。

 「私たちは福祉サービス事業所である前に社会福祉法人。使命とする『地域貢献・社会貢献』を全うするべく、生活困窮者に対し相談支援を行う『かながわライフサポート事業』を進めています」

 また同法人が地域貢献とともに掲げるのは「弱者救済」。全ての人が笑顔になれる地域社会を実現するべく、高齢者や障害者、児童施設を展開する強みを生かして包括的・継続的な福祉サービスの提供に努める。さらに、障害者や子どもたちと地域住民との交流や、利用者が生き生きとした生活を送れるよう「介護予防」にも注力。高齢者向けの「筋力向上トレーニング」や、地域ボランティアの協力を得て「百歳体操」を実施している。

 一方、地域貢献のためには「企業の発展も欠かせない」とする赤間理事長。それを支えるのは、約600人の職員たち。「彼らがやりがいを持って働けることが成長につながる。企業がどこへ向かっているか、その理念を共有することも大切」。団塊ジュニアの世代が高齢者になる2040年を見据え、介護支援ロボットの導入やシニア・障害者雇用の推進、外国人材の受け入れ、またデータヘルス改革など労働環境の整備にも乗り出していく。

少しずつ「輪」を広げ

 障害者や高齢者、子どもたちを取り巻く問題は複雑化している。また、男女や人種差別、障害者やLGBTへの偏見など、世間にはあらゆる多様な考え、生き方に対する理解の遅れがあることも確か。だからこそ「物事を横断的に捉え、『相手を思う気持ち』『他人事でなく自分事として考えること』が重要」と話す赤間理事長。「SDGsは業界の垣根を越え、多くの課題に対し協力し合うことができる社会的活動だと思う。行動の輪を少しずつ広げていくことが大事で、それが広まった時、持続可能な社会が実現するはず」

社会福祉法人相模福祉村

相模原市中央区田名6769-2

TEL:042-761-7788

http://fukushimura.or.jp/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

防災テーマに座談会

相模原市指定都市移行10周年

防災テーマに座談会

2月27日から、動画で公開

3月4日号

テレカの買取強化中

買取店wAKABA(わかば)

テレカの買取強化中

未使用品1枚からOK

2月25日号

お口の状態を健口に保つことで健康へ

お口の状態を健口に保つことで健康へ

顕微鏡歯科治療がもたらす恩恵

2月18日号

パンジー・ビオラがなっなんと1円

地震時、最大300万円補助

地震時、最大300万円補助

「地震補償付きリフォーム」が大好評

2月11日号

エアコンか換気扇洗浄が4000円

奥様応援キャンペーン(3月末まで)

エアコンか換気扇洗浄が4000円

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク