さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

プロボクサー中谷潤人選手 元世界王者にTKO勝ち タイトルへ 「前哨戦」を圧倒

スポーツ

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
第4ラウンド、相手をロープ際に追い込みパンチを当てる中谷選手(右)=10月5日、後楽園ホール
第4ラウンド、相手をロープ際に追い込みパンチを当てる中谷選手(右)=10月5日、後楽園ホール

 大島在住で、ボクシング前日本フライ級王者の中谷潤人選手(21)=M.Tジム=は10月5日、後楽園ホールで元IBF世界ライトフライ級王者のミラン・メリンド選手(31)=フィリピン=とのノンタイトル10回戦に臨み、6回2分2秒でTKO勝ちを飾った。

 2015年4月のプロデビューから19戦19勝(14KO)と連勝街道をひた走る中谷選手。世界の頂点を目指すため、今年2月に獲得した日本チャンピオンのベルトも7月に返上し、世界王者への道をまっしぐらに進んできた。

 その一方で、世界の上位選手とは拳を交えた経験がなかった中谷選手。この試合までに37勝(4敗)をあげている歴戦の猛者・メリンド選手との試合は、自身の実力を測るとともに、世界へその名を知らしめるうえで、ノンタイトルながらも重要な意味を持った一戦だった。戦前には「内容が問われる。KOで倒してしっかり世界にアピールしたい」と意気込みを語り、8月末には渡米して恩師ルディ・エルナンデストレーナーのもとで鍛錬を重ねてきた。

 試合会場には相模原だけでなく故郷の三重県からも多くのサポーターが駆けつけた。ゴングが鳴ると中谷選手は、身長の低い相手に対し慎重に距離を取りながら、重心を下げてボディを狙いつつ上下にパンチを散らす作戦で次第に優位な展開に。なかなか前に出られないメリンド選手は何度もロープを背にし、カウンターを繰り出すも中谷選手には届かず。以降も中谷選手は手数で圧倒した。

 そして迎えた6回。中谷選手がパンチを繰り返し浴びせたところで、レフェリーが試合をストップ。中谷選手は左の拳を突き上げた。

 「冷静に試合を組み立てていけた。相手は一発狙っている、というプレッシャーはあったが怖さはなかった」と中谷選手。元王者に勝ったことに「満足感はあるが、世界王者になってから満足したい。反省点もある」と話した。

 会場で応援した父・澄人さんは「ほっとしている」と胸をなでおろし、弟の龍人さんは「相手は打たれ強かったが、しっかりTKO勝ちしてくれてうれしかった。こういう大きな舞台で戦えるということはすごいことだと思う」と兄を敬った。

 「世界前哨戦」と位置付けた試合を制し、これで無傷の20連勝。中谷選手は「こういう形で勝たせてもらったので、胸を張って世界に挑戦したい」と宣言。同ジムの村野健オーナーは、「世界の動向を注視していきたい」と今後の展望を述べた。

祝福を受ける中谷選手
祝福を受ける中谷選手

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

届け「おもてなし」の心

届け「おもてなし」の心 社会

祝い鶴、来相五輪選手団へ

12月5日号

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

橋本で起工式

リニア新駅

橋本で起工式 社会

4つの中間駅で初 

11月28日号

糖尿病・歯周病治療で連携

医科・歯科有志団体

糖尿病・歯周病治療で連携 社会

診療の効率・充実化図る

11月28日号

紅綬褒章を受章

二本松在住 吉川大地さん

紅綬褒章を受章 文化

人命を救助 県内唯一

11月21日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

「地域に感謝」の70年

相原小学校

「地域に感謝」の70年 教育

卒業生も演奏で節目祝う

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク